スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥付きのゴボウ

 水曜日は生協の配達の日。会社から直接、保育園へ行って次男のお迎えをし、自分の住むフロアーに着くとすぐに目に入る、発泡スチロールの箱。今日は何段重ね?
 ドアを開けると、玄関先にランドセルと帽子が落ちていた。片方だけの、裏返しの靴下も。
 奥の部屋には床一面に、プリントだのノートだの、帽子だの上着だの、開けっぱなしのランドセルだのが広がっているのが見える。
 自分の荷物を下ろし、ベランダで湿った洗濯物を家の中へ入れ、子供には手洗いうがいをするように言う。先に帰った二人のうちの一人は、トイレに籠城。今日もうんちが固いようだ。
 長男は大声で話しかけ続ける。
 ・・・ちょ、ちょっと待ってよ~・・・
 毎日言っても、毎日同じ、散乱状態に、手を床について落ち込みそうになる。
 再び外に出て、生協の配達物を家に入れる。
 
 泥付きのゴボウが来ていた。300グラム。
 あー、これで何を作ろうか~と思いながら冷蔵庫に入れる。
 おいしいのはキンピラだけど、もうここのところ、ささがきゴボウを作ることがしんどくて、ごぼうが来たら、煮物、汁物にしていた。
 ふ~。でもみんなが好きなのは、キンピラなんだよね。
 レタスを卵と炒めて鰹節と塩胡椒で味付けたら、子供達が、文句言ってきた。
 それでもなんで、そういうものを作ったのか、説明する。
 何度言っても、食事中のマナーが良くならない。茶碗持って、姿勢正して、おもちゃ触るな、つつくな、本見るな。毎日言ってる。

 長女は便秘気味で、お腹が詰まっているようで、ここのところ食べるのに異常に時間がかかる。
 台所に戻った私は、その、待ち時間の間に、あの、ゴボウをなんとかしようと思う。

 ボールに水を入れて、泥を落としたゴボウのささがきをしていく。なぜかそういうとき、左手で包丁を持っている。
 ボールいっぱいになったささがきゴボウをもういちど水でゆすいでざるにとる。
 茶色っぽい水を捨てる。
 フライパンに油をひき、ゴボウを入れて油がまわったら、酒、きび砂糖、醤油を順番に入れる。大匙3位。汁けがなくなるまで炒り煮。
 皿に移すと、えぇ!こんなちちょっと?!って思うくらい、コンパクトになっていた。
 肉じゃがみたいな匂いがすると言って、子供達が見に来た。
 ・・・私の分は残りそうにないなぁ・・・。

 
スポンサーサイト
テーマ: 料理 | ジャンル: 結婚・家庭生活

お出かけ前に下ごしらえ

 休みの日、外出することが多く、帰宅するときにはヘトヘトプラス、子供たちのお腹すいた大合唱になるので、出かける前に夕飯の下ごしらえをして行った。
 昨日は、家にあった野菜、玉ねぎやゴボウ、そしてコンニャクと昆布、水を鍋に入れて火にかけて、灰汁をすくっておいた。帰宅後、そこに厚揚げとはんぺんを足し、味噌で味付け。具だくさんの味噌汁の完成。
 冷凍庫にあった豆のミックスをレンジで加熱し、お昼ごはんの時に作った卵サンドの具(つぶし茹で卵にクレイジーソルトとマヨネーズを混ぜただけ。)と、酢少々を加えたものを和える。シーザー豆サラダ?の完成。
 夕べはご飯に鮭ワカメちりめんを入れて混ぜご飯風にした。塩分が気になるので、本当は白ご飯のままでもいいかなと思ったが、主人公的料理がなかったため。

お出かけ休日の夕飯は

 日中歩きまわって、夕方に急に寒さを感じ、疲れがどっとでるような冬の夕方。
 晩御飯、どうしよう・・・。
 そんな日は、鍋!
 というわけで、この冬何度鍋をやったことか。

 きっかけは、その日の連れが「水炊きが好きで・・・」という話をしていたことであり、たまたま私が鍋セットとも言える野菜セットをお気に入りの八百屋(新宿高島屋の地下!)で買ってあり、では材料買い足してやってみようか、ということになったのだった。
 子供のころ、シンプルな鍋料理の良さがまるで分らず、小鉢に醤油またはポン酢と鰹節を入れたものを渡され、そこに豆腐やら白菜やらを入れて食べるというのが、ちっとも嬉しくなかった。
 実家では湯豆腐と、そういうシンプルな鍋がよく出されたので、実家を出てから作ろうと思ったこともなく、この冬初めて、水炊き系の鍋料理をするようになったのである。
 鍋に水と昆布を入れ、手羽元を入れて火にかける。ひたすら灰汁をすくい、その後酒を入れて煮る。40分くらい。蓋はしない。
 疲れている時は、灰汁をすくったり、40分近く煮ることもうんざり。豆腐と野菜だけでいいじゃん!とも思うのだが、連れが、やっぱり肉も好き!なタイプ(理性的には粗食派。)なので、たいてい肉も入れる。
 ふたりで恐ろしいほどに野菜を食べる。白菜や水菜、キノコ類いろいろ、豆腐。
 あんなにあったのに!と思うほどに。骨付きの肉、子供たちは私の心配をよそに、綺麗に肉を食べ、ていた。 その後、私が柚子胡椒にはまったため、まだまだ我が家の鍋ブームは続く。

 ちなみに、中途半端に残った鍋料理。我が家はそこに厚揚げや味噌を足してお味噌汁風にして食べつくす。卵をポーチドエッグのように固めてみたり。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。