トートバッグ

 久しぶりにコンランショップに行った。

 前からずっと気になっているトートバッグ。革製で、大き目。色は黒と赤がある。当然黒の方が使い勝手がいいだろうが、そのバッグに関しては、落ち着いた赤なので、自分が欲しいのは赤の方。

 皮で出来たバケツのような、ざっくりした作りで、余計なものはなく、シンプル。

 大きさの割に、値段もそう高くない。もうだいぶ前から欲しいなーと思いつつ買ってない。

 そうこうしているうちに、無くなっちゃうのかな。

 トートバッグといえば、昔、渋谷の公園坂のパルコにイッセイミヤケがあったとき、青いエナメル調のトートバッグを買ってもらったことがある。持ち手の部分は、黒。気分が上がるような青。素材は柔らかくて、内側は布だったので、中の手触りもよく、底部分がしっかりしていたので、型崩れもせず。カメラや大きな手帳やらなんでも入るような感じでとても重宝していた。青色が濃かったため、汚れもあまり気にならず。ただ、バッグが主張しすぎるので、それに合わせて服の色も決まってしまったが、とても好きだったので、バッグが完全にダメになるまで使い倒した。実際には、ベースはダメになることはなく、エナメル風に見える外側の薄い貼り部分が皺から破れてしまったのだったが。

 ・・・欲しいな、コンランのトート。

スポンサーサイト

利島産椿油

 流さないトリートメントの、コーティング感が異質だったので、私はだいぶ前から椿油を整髪料として使っている。天然のものなら、つけたまま寝ても心配なさそうだし。。。

 大島椿の椿油、薬局ではだいたい二つくらいのメーカーの物が置いてあって、ひとつは、だいぶ安い。

 私は生活クラブ生協で買っていたのだが、切らした時に、薬局で買ったこともある。メジャーな方のものは、まぁまぁな使用感。安い方は、なんかねっとり感が強い。黄色味も濃い。

 やっぱり生協で買ったのが、自分は好き。産地は利島だって。色は透明に近いがほんのり薄黄色。

 使い心地は、伸びがよく、サラサラしている。

 オリーブオイルやゴマ油のように、搾り方や、種類などで違いがあるんだろうねぇ。椿油も。

指輪

1か月ほど前から、右手の中指に指輪をはめている。

 21歳のころに海外旅行先であったトルコで買ったもので、シルバーの量り売りみたいな店で1000円もしなかったもの。ローズクォーツという石がついている。当時、道端の石を拾って持ち帰ったりしていたので、その頃の私は、石が好きだっただろうと思う。

 その指輪、今の自分にはなんだか若く感じられるのだが、なんとなく、お守りっぽい指輪で、理由はないけれど、いいことを引き寄せ、悪いことを遠ざけるような、・・・気がする。

 石と人の相性ってのがあるらしいが、これは自分に合っているような・・・気がするので、またはめだした。

 その思い込みの効果はともかく、指輪をはめることで良かったのは、以前よりちょっとは手のケアに気を遣うようになり、以前よりだいぶ、ハンドクリームなどを塗る頻度が増えたこと。

あ。これでもひとつ、いいこと引き寄せたことになるか~。

また買っちゃった。

 スニーカー。

a.p.c*nike


 生活に大きな変化があるとき、必ず、靴買っている。

 きっと、前に歩き出そうって気持ちかなと思う。


 

カプチーノをオーダーする理由。

 cafeで、カプチーノ頼むことが多い。友達にも知られるくらい、私はカプチーノをよく頼む。

 カプチーノっていう、名前が嫌だ。バブルっぽく、ティラミスとかパンナコッタと同じように、ものは好きだけど、名前が嫌い。イタリア語のそれじゃなくて、日本でのその言葉からもつイメージが嫌なんだと思う。

 それでも、カプチーノ自体は好きなので、自分の中ではちょっと微妙。一瞬、違うもの頼もうかなという気になる。


 カプチーノを好きな理由はやはり、上にある泡立てたミルク。

 それを、スプーンですくいながら食べてしまう。

 昔、ふらりとフランスに行った時のこと。 あるとき、cafeでぼーっと周りを見ていたら、近くのテーブルの席についていた女の子に目が止まった。

 もさっとした感じの子が、カフェオレの上にあったミルクの泡を、スプーンですくってなめたり、なだらかにしたりしていた。その食べ方(飲み方)が、いいのか悪いのかわからなかったが、そのやり方、アリなんだ!

 と思い、それからというもの、私も、その手のコーヒーの時は、スプーンで泡をすくうようになった。

 泡をすくうのが楽しいということで、選ぶとしたら、カプチーノが最高、だと思っている。

ほんとにヤバいのは、ヤバいって思う自分。

 本日もセントジェームス・・・臙脂寄りの赤。下は、デニム。

 セント、一週間に一日とか制限しないと、もうセントジェームスばっかり着てる人ってカテゴライズされてしまうーー・・・って、だからどうってことでもないのだけど。。。

 着心地がいいとか、お気に入りだったりすると、そればっかり着ちゃって、着ない服からどんどん遠ざかってしまうので、まずいなーと思ったのだけど、そんなの・・・だから何?!ってくらいのことなのだった。。。

 そういうことが、多過ぎる。。。

黒い靴下 

 私の靴下の9割以上は黒。長さはいろいろあるけれど。素材の9割も、綿100パー。やっぱコットンは気持ちいいから。感触重視。これは人肌ももちろんのこと。

 黒い靴下。スニーカーにはスニカーインソックス。無印の。ハイカットの靴には、ハイカットの丈よりちょっとだけ高めの長さ。もっとゆるくてちょっと長いのや、ひざ下まであるのもある。

 黒い靴下ばかりの中に、白い靴下が実は一足ある。ずいぶん前に買ったものの、残り。ふかふかしている。

 今朝、手に触れた靴下は、その、白いスニーカーインソックスだった。ちなみに足の入り口?は黒。


 見慣れなくて気持ち悪い・・・。守りの態勢に入ったかなぁ自分・・・?!


私の知らない、セントジェームス

 今日もセントジェームス日和。本日は、黒と生成りとベージュのしましま。下は、デニム。

70年代風に?おもちゃっぽい丸いプラスチックの玉が雪だるま上に重なった、ぶら下がり系のピアス。

 目元は、ドライアイ気味で最近、アイシャドウ塗る気になれず、アイラインのみ。これは中近東の眩しい日差しの中で、目にいいと言われている昔ながらの化粧品。スルマとか、カージェルと言われているもの。(形態によって、名称が異なる。)これで、目の周りをちょっとだけなぞる。瞳の色が、不思議と明るく見える。


 さて。今日のカットソーは、去年の秋に買ったのだが、先日買ったものと、どういうわけだか生地の感じが違い過ぎる、気がする。セントジェームス、季節によってとかラインによってとかで、生地の厚さなど違うみたいだが、去年買ったそれと、今年のそれ、同じラインのものなのに、去年のそれはごわごわ厚み感が強く感じる。それは洗濯を繰り返したせいではなく、最初の感じからそうだった。今年買った物の方がどーーー考えても、若干、柔らかくて薄い。七分袖のもので、柔らかくて薄目なの持ってるのだが、それよりは、厚手。

 タグも見てみたが、去年のと今年のそれ、同じ。


・・・私が何か見落としているんだろうか・・・ギターのように、その年の気候によって材料の質が変わるとか?!


スニーカーについて・・・私の場合。

 最近の普段用のスニーカーは、ニューバランスの996。シルバー。夏前ぐらいかな、アメ横のABCで買った。

 夏はサンダル履きなので、初夏にちょこっと履いた後はしまってあって、最近履きだしたら履きやすいもんだから、しょっちゅう履いている。スピングルムーブで、帆布のハイカット買ったのに、ハイカットはやっぱり脱ぎ履きしにくいので、朝、時間がなかったりという理由で、あまり履いていない。

 ニューバランス、初めて履いたのは、高校生の時で、当時、それこそセントジェームスのカットソーや、アニエスのカーデが流行っていた。バナリパのTシャツが流行っていた理由は、謎・・・。その頃よく見ていたオリーブの中で、かわいいモデルさんがニューバランスを履いているのを見て、欲しくなったのだった。当時のニューバランスは、紺ベースか、グレーベースのイメージだった。

 で、私は、紺の方を履いていた。定番。嫌になるほどダメにならなかったので、結局どうしたのか不明。その後は、アディダスやNO NAME(下北にお店があった。)、パラディウムを履いていた。ちなみに、最近のNO NAMEでは欲しいのがないし、まだ、このブランドあったんだーという感じ。恵比寿の三越や、二子玉川の高島屋で見かけたが。当時私が履いていたNO NAMEは、今私が履いているニューバランスの996にそっくりで、そのころもシルバーを履いていた。シルバーは結構便利。

 アディダスは、オールスターばっかり履いていたが、しばらく履くと突然飽きる。あれは、雨の日に濡れにくくていいのだけど、たくさん歩くと足先が痛くなる。以前、旅先でうんざりして、捨てた気がする。しばらくすると、また欲しくなって買っていたが。パラディウムのローカットも可愛いけれど、重くて嫌になって、旅先の公園のごみ箱に捨てたのだった・・・。

 その後、ある時また、ニューバランスを買ったが、ソールは減ってないうちに、布部分がすぐ破れてきた。次に買ったのは、小学生以来の、アシックス!真っ黒のアシックス。(小学生の頃は、真っ赤なアシックスを買ってきた親を恨んだのだった。)

・・・これが、嫌になるほど丈夫で・・・もう何年履いているか分からないけれど、まだソールも生地もまとも。しかし何度も洗っているうちに色が薄れてきたので、えんじ色のコンバッシュをこれまた中学生以来に買った(昔は、黒買ったけど。黒い靴で来いって日に黒いバッシューで行って、ひんしゅくをかった・・・)。コンバッシュは、ソールがすぐ減っちゃう…。で、次にパトリック買ったが、まだあんまり履いていないので、検証結果報告は延期。でも、履き心地はいい。足が、でーんとでっかく見えたりせず、上品・・・??パトリックが結構いい感じだったので、もう一足買おうと思ってアメ横に行った時、欲しいパトリックがなくて、・・・ニューバランス買っちゃったわけ。

 ・・・それが、今履いているニューバランスです。履いた見た目は、ごろんとしていて可愛い。履き心地は、パトリックみたいなホールド感がないので、本当は足にいいとは言えないのかもしれないが、長時間履いても痛くなったりはない。が・・・これまたあっという間に、生地の部分が破れてきた!

 足首周りの内側がすぐに擦り切れてきた。他のメーカーではそんな風にならないのだから、靴のせいかと思ったが、たぶん、靴と自分の歩き方の相性が悪いのだろう・・・・。

 ・・・・人間と同じですね。そのもの自体が問題なのではなくて、組み合わせ。笑。



なんだかいい人そうに、見えるなー?

 本日、さっそく先日購入のセントジェームス着て出勤。ほんと、カットソーが気持ちいい季節。

 インディゴと、ブルーのボーダー。下にはもうこれも10年は履いているだろうか、、、昔j.crewの海外通販で買ったカーキのチノ。j..crewの海外の通販は、サイズ展開が幅広い!!チノや、カプリは、長さを目安に買ってもウエストがでっかすぎ・・・でも、サイドにアジャスターのようなものがついていればなんとかなる。

 鏡で見た感想は・・・なんだか無害系のいい人そうに見えるなぁ~…笑。

 

また今年もセントジェームス

 去年、高校生以来にはまった、セントジェームス。七分袖っぽいやつが特にヘヴィロテ。

 生地のゴワゴワ感がなんとも言えず、汗もよく吸うし、結構全天候型だと思う。

 もう私は、セントと、デニムだけでやってこうかと思うほどに、気に入っている。

 先日、友達に付き合ってもらって代官山のセントジェームスへ行った。

 好きな色と似合う色って本当に違うもんだなぁと思いつつ、いろいろあててみて2枚購入。

 着るのが楽しみ!

 omnigodで売られているボーダーは、セントみたいに縮まないらしいし、オーチバルも試してみたいと思いつつ、やっぱり、ボーダーはセントジェームスで買ってしまう・・・。

CIRCUS OF POWER

高校時代。渋谷のタワーレコードが、東急ハンズの近くにあった頃。ゴールドラッシュだっけ、ハンバーグのおいしい、あの店の近くのぼろい建物にあった頃。

 スペイン坂の途中の路地に入ったところにあるマンションに住んでいた男の子がいて、そのことしゃべりたかったのかなぁ、CD買ってきてと頼んだことがあった。

 そのアルバムがCircus Of Powerっていうバンドのファーストアルバムで。その頃夜中にテレビでMTVやってて、録画予約して、次の日に見るのがすごく楽しみだった。時々野球の延長のせいでずれこんで、がっくりしたものだったけど。

 そのバンドのプロモーションビデオがすっごく泥臭くてかっこよくて、もう汚らしいくらいの刺青だらけのこれまた汚っぽい男たちと、ハーレーと・・・っていう、もう自分の世界とは全然違うのだけど、さすがにビジュアルはともかく、声の質と曲が、もう労働って感じ・・・何か採掘でもするのかってくらいの、音から砂埃が巻き上がりそうな曲に何か引かれるものがあった。

 当時私はいわゆる渋谷系とかUKものとかフレンチポップスとか映画音楽、あと、ハードロック系やパンク系を聴いていたのだけど、その飛びぬけて工事現場・・・いや、荒野を爆走系サウンドが気になって、スペイン坂の男の子(このひと真面目だと思ってたんだけど、夏休みのバスケ部の女子の練習を見て、同級生の女の子に「ブラ透けてるぜ」と言ったが最後、大ひんしゅくかって、失墜・・・当然か。)に買ってきてもらった。

 アルバムのジャケットも、太陽みたいな絵柄で、それもインカ帝国ぽくって、スマートじゃなくて印象的だった。

 何年も経ってから、そのCDどこいったんだろうと時々思い出していたが、まったく分らなかった。

 先日弟に会ったとき・・・

 「昔さー、姉ちゃんからもらったCDでCircus Of Powerってのあったでしょ。あれ、聴き飽きてから売ったんだけど、そのあとまた無性に聴きたくなって。で、CD屋いく度に探しているんだけど、ファーストは全然なくて、すごい後悔したー」

 あ、そうだったんだ。弟にあげたのか。笑。全然覚えてなかった。でも、自分も時々、すっごく気になると思ってたCDだったので、弟もそう思ったってのがなんか面白かった。amazonですぐ見つけて、弟の家に送るように注文した。


 

AU REVOIR SIMONE

 今年の私の一番のお気に入りCDはAU REVOIR SIMONEのアルバム。三枚どれも好き。

 聴きながら外へ出かけると、音楽が風景付きのように添えられ、通り過ぎる景色は映画の場面のようになる。

 曲のタイトルも詩の題名みたいで、その言葉にどういうことが集約されているのか、そわそわする。

 きれいな包みの箱を開けたら、キラキラ飛び出してくる、けれどつかめない、そんな感じの音楽。

 暗い気分の時は優しく、心を撫でてくれるし、朝は、始まるその日をわくわく楽しみにさせてくれる。

 作られた音なので、脳内物質に何か作用を与える仕掛けもあるのかもしれない。Perfumeみたいに。笑。

(家事が進まない時、体が動かない時は、Perfumeおすすめ。細胞から、上がってきます。)

ショック・・・?!

 ネットのニュース記事を見ていたら、モントリオール映画祭でトニー・ガトリフ監督がグランプリを取ったとか。

 私の超お気に入りの監督・・・。十分有名人なんだろうけど、あんまりメジャーに知られて欲しくないなぁー。

 好きだったら、応援して、もっとビッグに知られるようにって思うのが普通?

 好きだから、とっておきにしておきたい心理ってなんなんだろう。

 ましてや知り合いでもない、世界の違う人なのに。