幸せ感じる休日。

エスプレッソメーカーにコーヒーの粉を詰める。
スプーンのおしりで粉を平らに押し付ける。

ひんやりした台所。
お気に入りの折りたたみテーブルと丸椅子。
白木にアルミの脚。

朝は雨降り。今はいい天気。
思いがけずできた布団干し。

念入りに掃除機かけ。
除湿機のタンクや本体の中を綺麗にする。
押入れの戸を開いて、換気。

誘われて、苦手なのに、ゲーム。
初めてのオンラインゲーム。
最近ずっと落ち込んでいた大切な人が、喜んでくれた。

一緒に食べようと思っていたケーキ。
ん。おいしいけれど、洋菓子より、和菓子好きになったみたい。
昔、アイス好きだったのが、今では嘘みたい。
チョコレートも、好きだったのに、今ではあまり・・・。
そのうち、ケーキも好きじゃなくなるのかなぁ。

体重はあまり変わっていないのに、ゆるくなったズボン。
整骨院通いのおかげかな?
もちろん、嬉しい(笑)。

自分は、こうだ、と思い込んでいたことが、
最近、いろいろ変わってきている。

外も中も。

直らなかった心の癖。
気づいていても、直さないできたような。
それでいて、直したいときは、どうすればいいのか、
まるで分からなかったり。

短所を直すこと。
心底悪いと思っていなければ、直せない。

真剣。
忙しさや、余計なことに逃げないで、
細やかに注意深く感じることは、悪いことじゃない。

丁寧に。
早く早くとせかされて来たけれど、
急がなくてはいけないことや、ほどほどに切り上げないと
いけないこともあるけれど、
人付き合いくらいは丁寧にやりたいな。
そのためにも、交友関係はシンプルなのがいい。
私は。

やらなきゃいけないことに追われていないこと。
大切な人たちが、元気でいること。
心穏やかな休日。

幸せ。
スポンサーサイト
テーマ: エッセイ | ジャンル: 小説・文学

幸せ感じてる?

幸せってなんだろうって、しばしば思う。

幸せの形は、人それぞれ。
本人が幸せと感じるかどうか。

日常的な、ささやかなことにも、幸せを感じるには、
感謝の気持ちを忘れないということが大事のような気がする。
そう思わない人もいるだろうけれど。

忙しさにかまけて、毎日疾風のような日々では、
やっぱり、気づかない、気づけないことが多くなるように思う。
感じるのはただ、
毎日毎日、やらなきゃならないことが何でこんなにたくさんあるんだろうか?
とか、毎日へとへとだとか、
いつまで、こんな生活が続くんだろうとか、、、、

そんな気持ちでいると、幸せっていうのは、なんだかとてつもない、
自分が簡単に手に入れることのないようなものに思えてくる。
毎日に疲れるのか、疲れる毎日なのかも判別つかず。
幸せという概念は幻想で、
不幸だという意識がないものをせめてもの幸せとして
妥協する、なんていう意見。

そうなのだろうか?

愛する人に、幸せにして、と言うとき、
自分は幸せでないのか?

そうではないはず。

幸せにしてあげると言われると嬉しいのは何故だろう。

青い鳥は自分の家の屋根の上にいるらしいと、
友達がいっていたけれど、
そうなんだろう。

幸せになりたい、
幸せにして欲しい、

そう思うとき、自分は幸せじゃないのか?

いや、幸せなんだと思う。
正確には、もっと、幸せになりたい、
もっと、幸せにして、ということなのかも知れない。

でもやっぱり、幸せは、本人がそう感じるかどうかということ。

青い鳥は、確かに自分の家の屋根の上にいる。
ただ、それが見えるか見えないかの違いなのかもしれない。

だから、幻想だというのも、当たっているのかもしれない。

形はないけれど、見えるときがあるし、見えないときもある。

もっと幸せになりたい、もっと幸せにして、
ではなくて、
もっと、幸せを感じたい、もっと、幸せを感じさせて、というのが、
更に正確なのかな?

いずれにしろ、大事なのは、そう感じる自分の状況で、
自分の状況と周りの状況は、鏡のように映し合う。


やはり、、、自分次第か。

もしも、幸せを共有する相手がいるのならば、
自分と相手が、相乗効果となるだろうから、
相手のためにこそ、自分が幸せを感じることで、
相手も幸せになり、更にそれが、自分に返ってくる。

見えないのに、みんなが気になる言葉。

幸せ。

不思議だね。
身近にあるのに、つかまらない。
つかまえていても、気づくか気づかないかは、自分次第だなんて。

不思議だなんて思わないで、
もっと、すんなり、シンプルに考えることが、
私にはきっと、必要なんだろうな。

余計なことを考えすぎ(苦笑)。
テーマ: 詩・想 | ジャンル: 小説・文学

出来そうで出来ない!

雨の日の自転車走行。左手に傘を持ち、右手でハンドル。
右のブレーキが、近頃効かなくなっていた。
坂道を下るときなど、ほんとに危険!
見てみたら、案の定、ブレーキシューが減っている。

またか!
安い修理屋さんで、700円取られた記憶が。
こんなの、ただ付け替えるだけじゃん!と思い、
ホームセンターに部品だけ買いに行った。
200円ちょいだった。

早速、帰宅後に古いブレーキシューを取り外しにかかった。
左側は、なんとか付け替えることが出来た。
右側は、ライトが邪魔で、作業しづらく、
悪戦苦闘!?した結果、ネジがまるで緩まず、あきらめた。

仕事に行こうと自転車のスタンドを上げると、

あれ?

後ろのタイヤがぺしゃんこになっている。
以前、後輪のパンク修理を、ホームセンターの人に教わって
やってみたことがある。
後輪は、後ろのブレーキなどもあり、前輪よりパンク修理しづらかった。

もちろん、やる気なし。
とりあえず、空気を入れて職場に行き、近所の自転車屋に
修理を頼んだ。
ついでに、まだ交換できていなかったブレーキシューを
自転車屋さんに渡して、つけてもらった(苦笑)。

パンク修理代1470円!!
安いところなら、700円なのに!
高級住宅地価格か?!

工賃、高いよな。。。

日常的によくあるメンテナンスを上手に出来る人は、
かっこいい気がする。
そういう人、好き。

自分は、、、やろうとするけど、出来ない奴w
学習能力なく、そんなことを繰り返してる。

諦めが大事です!?(苦笑)