スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告。電車内。7/18

「壁を破る夏」

なんか変じゃない?塾のだよ。

「デザインは情熱より熱い」

よく考えなくても変だけど、妙に説得力はある。
プジョーの広告。

「甘くない 超微糖」

だったら無糖で十分かと。
ジョージア・エキストラ・ビター
スポンサーサイト

池袋。7/13

どういうわけか中々慣れず、
また困惑しっちゃったよ、駅構内。
胡散臭い会社が並ぶ、やたらと灰皿の多い通りを抜けて
届け物。
用事を済ました後に、ビルの共有トイレ借りたら
ドア壊れてるの。
仕方なく、足で押さえた、内側から。
建物から出ようとしたら、自動ドアの反応遅くて
足先ぶつけちゃったよ。
それにしても蒸し暑い。

知らない誰か

Lemon Yellowのポロシャツの下に濃い紫のシャツ。
ジーパン。黄色の携帯ケース。紫のNIKE。

「紫と黄色ですか」

モヒカンの眼鏡っ子兄ちゃんにそう言いかけそうになった。


駅のネットカフェで。
図体のデカイ白人男性。
肩に斜めにかけた布製のバッグ。
妙な刺繍が入っている。

「それ、自分で縫ったのですか?」


もちろん、言いませんけど、言いたい衝動に駆られ・・・
そういうことって、ありませんか?

ある一日の終わり

沢木耕太郎氏の映画評のあとがきを読んだ後のこと。

何を読んでも何を見ても何を聞いても「なるほどね」としか思えなくなるといったことが書いてあったのを心の中に保存して、
そんな風に思えなくなるまで私はまだ、読んだり見たり聞いたりすることが出来そうなのは、嬉しいことだな、とちょっとほっとして、
一日が終り行くのを感じていました。

2007.7.3

朝のファミレス

いつも、早めに会社に行くのだが、
予定の時刻より更に早く会社の最寄り駅に
到着した時はファミレスで160円のコーヒーを飲んでいく。
別に美味しいわけではないのだが。

その日の予定を端末で確認しながらホットケーキを食べている人。
向かい合わせで突っ伏して寝ている人たち。
朝から若い者を引き連れて、ビールがばがば飲んでいる
おっさん。
まばらな客が、それぞれ違うことをしている。

流行りものでもないバックミュージック。
めんどくさそうにフロアを歩くウエイトレス。
あちこちのテーブルに置きっぱなしの汚れたカップや皿。

田舎のダイナー風でなかなかいい。

外堀

黒い鵜のような鳥が
勢いつけて水にもぐる。
どのくらいで出てくるか眺めていたら
視界をトンボが横切った。

(2007.6.29)
20070906225731.jpg

夕日

今日の夕日。
鏡みたいに平面的で眩しいよ。

(2007.6.27)

素直でよろし

今終り行くこの夏の始まる前のある日。

電車の中。
南の島リゾートのパンフを嬉しそうにめくっている若い男。
私は沢木耕太郎の映画評を読んでところ構わず
涙ぐんでいましたが。

なんて言えばいいのかなぁ

遠い先まで行かずとも
近くの建物でさえ白く霞むほど
密度の濃い灰色。
それなのに暗くはない。
こういう曇り空って、なんて言うのだろう?
降っていなくても、降っているのと変わらない、湿気。

(2007.6.26)

ご無沙汰してます☆

毎日毎日、気がつけば睡眠時間が減るのを
カウントしてしまう夜更けになっています。

ずいぶん放置しっぱなしのこのブログ。
当初は頻繁に更新していたのが嘘のよう。
ブログを始めた頃、私には夫がいました。
夫と子供の世話、家事をしながら
週何回か仕事に行くという生活。
寝不足でもやっていかれる生活です。

シングルマザーとなってもうすぐ二年。
毎日が時間との追いかけっこです。
寝不足では仕事にならない。
やることと休養だけで残り時間はほんのちょっと。
このブログも、書きたいと思いつつ、
なかなか書けず、気になって気になって。
そんな、このブログ、
オトナなんだから自分で自分の責任をとるべき夫から
手を引くきっかけとなったと、言えないこともない。

自分の為に時間を使うことは
自分を大切にする行為のひとつ。
反論はあるかもしれませんが、私にとっては、
そうです。
そしてまた、自分をケアすることで元気にもなり、
家事も育児も仕事も出来る。
体が疲れていても、排水溝のゴミを捨てるように、
心のゴミを流し、毎日フレッシュな気分で過ごしたいものです。

書くと落ち着く。
ブログにUPしていないときも、自分のメモは溜まっていきます。
テンプレートをいじるのに、気づいたら朝になっていたこのブログは
私のお気に入りでした。
離婚直後に家出して、ネットカフェからアクセスしていたことも
今では懐かしい。

二年前の今頃から、休みがちになったこのブログを
再開するに当たって、まずはメモ書きから公開していこうと思います。
携帯にためていたメモ書きも、少し前に子供に携帯をトイレに投げ込まれたことで消えてしまったので、
今終わり行くこの夏の始まり辺りからのメモを貼っていきます。
どこかの誰かが、こんなしょうもないことを考え、
わざわざブログの記事にしている、と感じてもらうくらいで十分。
そこから何らかの気持ちにつながることが出来れば十二分。
気に入ってもらえれば幸いです☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。