ポストの中にお菓子の空箱・・・

 昨日の夕方。ドアのポストに何かが入る音がした。見てみると、お菓子の空箱。

 なんだろ?怖いな!

 ドアを開けて廊下を見回すと、隣の女の子(1年生)が彼女の家の前に立っていた。

 怖い顔をしていた。

 その表情にも驚いて、私はそっと聞いてみた。この箱を入れたのはあなたかと。

 ちょうどその時、隣の人が帰ってきた。その人は、フィリピンの方で、シングルマザー。

 ショートカットでさっぱりした感じ、熱い太陽が似合いそうな明るい笑顔の人。

 

 どうしたんですか?という風な流れで、どうやらその箱は隣の女の子が入れたということが分かった。

 よくそういうことするんですよ、とそのお母さんが言っていたが、どうしたんだろうなぁ、、、という気持ちが残った。


 夜、私が運動をして帰って来た時、廊下に声が聞こえてきた。

 お隣のママがぶち切れてるらしき声。

 一対一っていうのは、大変なのだろうな・・・。


 逃げ場がないからお互いに思いがエスカレートしそうで、ちょっと怖い。


 以前に長期滞在していたパキスタンで印象に残ったことの一つが、親や年長者の権威が大きく、親も子供に対して怒るときはすごく怖く怒っていたこと。

 まだ細い腕に、チャパティを伸ばすときのめん棒でバシッと叩いたりする。

(外で大人同士の喧嘩でも、履いていたサンダルを脱いで相手を叩いたりしていたが・・・)

 夫が妻を箒で叩いたり・・・暴力はもちろん反対だが・・・。

 母親が、子供を叩いたりして激しく叱っている時と、そうでないときのとても優しく子供をかわいがる様子との差がとてもはっきりしていて、そういうメリハリっていうのはいいもんだなと私は思った。

 タイやフィリピンでも、そういうしつけ方の傾向はあるようだが、日本で体罰すると虐待ということになってしまうから・・・と隣のママも先日言っていたのだった。


 今の時代、うちの近所だけなのかわからないが、どうも子供をちやほやしすぎている感じがする。それでいて、子供の思いも受け止めきれていない、なんだか緩くて、中途半端・・・。

 激しく叱られもしなければ、相手にもされないような子供が、お金だけ持たされ、うろうろしている。

 都心部では、多くの大人はそこに生活しているわけではないので、子供に注意があまりいかないだろう。

 また、打ち捨てられたようなお年寄りたちは、弱々しく、若者をむしろ恐れているような人や、ひっそりと生きているような人も多い。子供を見ても、叱るより、子供の珍しさから、かわいいかわいいとなってしまう。

 子供も、挨拶しておけば大人はそれ以上に何か言わないと思っているような子もいるし・・・。

 

 夕べも、大人の酔っ払いの叫ぶ声が響いていた。

 隣の子の泣き声は、私が悩むほどエスカレートする前に止んでいた。 

  

スポンサーサイト

暗い雨の日は・・・

 お店の中も暗くなりがち。蛍光灯の光がいつも以上に硬く感じで頭が痛くなる。

 今日も足が向いたのは、市ヶ谷駅前のスタバ。昨日も行った。

 その店の良さは、とにかく見晴らしがよいこと。

 窓が大きくて、店内が外光で優しく明るい。

 ぼけーっと雨の細かい粒を眺めたり、かすんだ空の間を飛ぶ鳥を見つめたり、走り去る車を目で追うわけでもなく、見ていた。

 そういう時は目の焦点合っていないんじゃないかと思うぐらい、力が抜けているのだった。

超不快っ!半蔵門線なんとかしろいっ

 今朝、一駅だけ半蔵門線に乗った。

 換気口というか、エアコンの吹き出し口から出てきたのは、熱風。しかも、ミストのような、ちょおおお蒸し暑い風!!!


 怒!! 

 当然、車内の壁面、ドアの内側などは、結露でぐしょぐしょになっており、誰かの長い髪などがへばりついている。

 あっというまに自分の体からも汗。


 不快すぎるっ。まだクールビズ仕様のかっこではなく、スーツ姿のサラリーマンも汗を拭いていたが、もう慣れているのだろうか?

 電車代とってるんだから、もうちょっと考えろよーーーー!!!

 そんな風に思うのも、この季節の雨の日の地下鉄はこんなもんかと思いきや、他の地下鉄ではそこまでひどく感じなかったから。有楽町線も南北線も千代田線も、半蔵門線ほどの蒸し暑さはない。


・・・・もしかして、不快にさせて、違う地下鉄使えという陰謀?

それとか、時間を散らばらせるための画策?


 カフェで、気持の悪い高さのテーブルは、居心地悪くすることで客に長居させない作戦だと聞いたことがあるが・・・本当かなぁ。


 それはとにかく、苦情もんです。半蔵門線の空調!!!

米の残量

 毎週水曜日に生協の配達がある。お米はたいてい生協で頼んでいる。買いに行ってもいいけれど、うちから一番近所で米を買える「やまや」では、悪いけれど、まずそうな米しか売っていない。

 意外と農薬とか気にするので、自転車で千駄ヶ谷にある生協に買いに行くか、いわゆる高級スーパーで買う時もある。が、重いしめんどくさいから、配達に合わせて米の消費を考える。


 来週の水曜日に米が来る。米櫃の中・・・微妙だ。ぎりぎりかも。

 毎週5キロ買うには、だぶつき、2週に5キロでは間に合わない。

 

 昨日の朝ごはんは、枝豆だった。

 今朝は、ハッシュポテトをフライパンで焼いて、あと、カボチャにマヨネーズ。

 

 今夜はご飯とキュウリと豆腐とじゃこ。

 明日はパスタを使おうかな。

 

 なんとか、残りの米を水曜日までつなぎたい。

 ホットケーキミックスで蒸しパンとか・・・。

 米の粉があったから、水で溶いてクレープにする?


 またママが変なこと考えてる・・・

 

「よろぴく」って・・・

 結構硬派なはずの友人(友達の旦那)からのメールの終わりにこうあった。

「よろぴく」

40代前半男。

 かなり特殊なタイプ(普通に浮いてる。)友人からのメールのあたまに

「おはー!」

40代前半男。


・・・・ギャグで使ってんのかなあ。


 楽しそうでいいよね。歳とると。かっこつけなくなるのがかっこいいと、私は思いましたが。

 しかし、印象強すぎて、変な言葉遣いがうつってしまう。いろいろ結集して、私が特に変な言葉になってしまうー。

・・・使いすぎると、ギャグじゃなくて、「もともと変な言葉遣いするひと」ってことにになってしまう。。。


 

(もっともっと歳とると、かっこつけなくなりすぎて大変なことになり、かなりの確率で周りを困らせるそうですよ。)

スピード写真ボックスの決定的短所発見?!

 先日、家の下にあるスピード写真のボックスで、長男の証明写真を撮ろうとした時のこと。長男は6年生で、身長は150センチくらいか(子供三人いると、もう覚えられない、覚える気がない・・・身長と体重。)。

 目の高さを調整しようとして、あれっ!!椅子の高さをmax高くしても、低い。

 たまたま、そこだけそうなのか?

 140センチ台の大人だっているでしょうに。単にそこの椅子だけが、あまり高くならないのか?

 

東京ならどこでもいいじゃん!

 息子のパスポートが切れていたので、新しいパスポートを取らなくてはいけなくなって、久々に戸籍謄本を取りに行った。会社を早退して、家の近所の役所に行ったら、本籍地の世田谷区でないとダメと言われ、うえーーー?!っとびっくり。で、慌てて電車に乗って、自分の住んでいるところに一番近い本籍地内の役所がある下北沢へ。

 同じ都内なんだからいいじゃんよおおお・・・私が世間知らず?などと思いながら・・・今までこんなことなかったのは、戸籍謄本を取るタイミングの時は世田谷区に住んでいたからだった。

 なんでこんなめんどくさいことさせるんだ・・・!渋谷から下北へ行く時、各駅で、急行なら一駅なのに、各駅で、帰りもまたしても各駅で、ちょーーーーイライラして、なんか耳元で入れ歯がカタカタ言うような音がしていたのでジロッと見たら若い会社員みたいなのがガム噛んでる音だった。このきたねぇ野郎がっ!ありえねーっと更にイライラ・・・夕方だったので、通学の高校生がどばっと乗ってきて、若けりゃいいってもんじゃないな、不細工で脂ぎったガキばっかだ(学生からすれば、こっちはカサカサしたオバサン。)、ガキは嫌いだ・・・と思いながら今度は目黒行って、あーーー目黒駅汚いーーー、武蔵小山で用事を済まし、また戻り、麻布十番で乗り換えするための連絡通路がこれまた長くて、大江戸線、活用してるけどほんと深くてむかつくっと思いつつ、帰宅。

 子供たちにご飯出してからまた地下鉄の階段降りまくって、都庁行って、パスポートの申請してまた戻って帰った。

 帰ってからシャワー浴びて洗濯して、うちの窓から見える超近所のcafebarでシングルマミー友達と二か月ぶりの会合。笑。でもって23時半に帰って、翌日子供が学校に持っていくお茶を煮出し、学校のお便りなどを整理して、寝た。

 今日はまだ、木曜日じゃん!!

・・・がんばれなぁい・・・。

気持の悪いイメージ広がる広告。

 昨日、山手線に乗っていた時、ドアのところの広告が目に付いた。

 ブレスケアっぽい商品の広告で、胃の中に焼肉と餃子が入っている(焼き肉や餃子はイラストとか写真ではなく、文字。)体。


 ジャンクフードたらふく食べて、胃が落ち着いたぁと思ったときに想像しました。その広告の自分バージョンを。


 今朝も基礎代謝は1300近く、燃えやすい身体で、体内年齢19歳。

うっそおおお!?


 先日後姿を鏡で見たら、肩甲骨のところに筋肉のえくぼができていた。

 やっぱり、運動してると太くなる気がする。私は。


 今日はボクシングのレッスンの日。

 

朝からジャンクフード食いまくり

 洞穴のようにお腹空いてて、別にダイエット中で飢えているわけでもないのに、

もうめっちゃ腹ペコな感じで、なぜかかき氷とか、なぜかスーパーで売ってるようなお菓子とか、加えてどういうわけだか、枝豆とかゴマ豆腐とか意味わかんない組み合わせで食べたくなることありませんか?



朝から。朝からですよ。



休みたい・・・

 先週の土曜日。子供たちの運動会だった。

 先週は、気づけば早起きスパイラルで、ずっと寝不足。

 一日中運動会。

 疲れた・・・。

 日曜日、真ん中の子のことで大問題発生。頭使って疲れた。

 月曜日、長男の海外派遣の件で会社早退し、説明会へ。時間のやりくりでへとへと。


 ひえーーん。疲れたーーー。

 昨夜寝る前に携帯の充電するのすらしんどくて、寝たらあっという間に寝落ちた。


 朝、4時半ごろ、鳴りまくる長男の時計。

 7時くらいまでずっと、うるさいだのなんだのとどやし続け、寝足りない。

 考えるのも嫌・・・

 眠い・・・

 休みたい。。。

信号待ちの間、目を閉じると・・・

 昨夜は12時半に寝た。今朝は5時に起きた。

 眠くて当然だわ・・・手があったかい。

 今日も自転車通勤。

 風が強くて、雲が流れている。

 どんよりと曇っているかと思ったら、まぶしい光も時折射して・・・



 大きな道路の交差点。

 信号待ちは時間がかかる。

 目を閉じて、待っていると、顔に当たる風と

 あったかい空気の感じが

 まるで海辺の砂浜の上で目を閉じているときみたい・・・



 海に、行きたいな・・・・

 目を開けて、自転車を走らせながら、斜めに空を見上げる。

 まるで海の上の空。


 視線を下げたら、前方に、何か死体のようなものが見えた。


 あぁ。

 通り過ぎてから息を吸って吐いた。

 私も、上ばかり見上げて、いつか事故らないように気をつけないと。


 明日は運動会だ。

今朝の朝ごはん時の会話・・・

 朝私が、小松菜炒めを食べていたら、長男が小松菜の悪口を言ってきた。苦くてまずいと。


 「薬みたいな味がして嫌だ。」


 「嫌なら食べないで。小松菜は牛乳よりカルシウム多いんですっ。・・・今よく噛んでるから、話しかけないで。

・・・80回噛むのがいいらしいけど、少なくともひとくち20回は噛んだ方がいいらしいよ。」


 「学校でも、30回噛みなさいって言ってた!」


 「いっぱい噛むと、頭も目もよくなるらしいよ」と言うと、長男は張り切っていた。


 「うちのごはん、身体にいいもの結構食べてるよね」


 長男は、食事中に、野菜の産地や、どこで買ったとか妙に気にする。健康でいたいという気持ちが強いのは、病気への恐怖心が大きいということか。

 

 「そうだね。うちの子供たちは病気も少ないよね。」


 「うちは、肉あんまり買わないよね。」


 「肉は食べなくてもいい。食べたかったら、一週間に一度でも十分。肉から抗生物質摂りすぎると薬の効きも悪くなるし」←後半、ひとりごと。


 「学校では肉ばっかり出るよ!」


 「じゃあ、家で肉食べなくてもいいじゃん。たまにでいいじゃん。」


 「そうだね。H(自分の名前)、大人になったら肉買わないようにしよう・・・。

 あ・・・でも、ハヤシライス食べたい、カレー食べたい。作って。」


 「分かった。そのうちね。」


 「牛肉で作ってね」


 「はい。分かった。いつもそうじゃん。・・・ってあんたしつこいっ!今何時よ?」


 あるテーマにとことんしつこいのも、健康おたくなのも、私にそっくり・・・(旅好きも・・・)。


 

 

 



 


 


 


 

超うるさい母。うるさく言えるのも今のうち。

 今朝もまた、口うるさい母。

 「お茶碗持って!」

 「皿押さえて!」

 「くちゃくちゃやらないのっ」

 「口にもの入ったまましゃべんないで。」

 「姿勢が悪いっ」

 「皿を抱え込まない」

 「肘つくな」

 

 「何で毎日毎日毎日ずーーーーーーっと言い続けなきゃならないわけ?

 今直さないとねー、一生直んないよ?」

 

 「恥ずかしくないの?外国でも嫌がられるよ?」

 「何その茶碗の持ち方!あんた日本人でしょう?!」←やばい感じになってきた。


「・・・ハーフだもん」←長男。

早起きの恐怖

 最近23時ぐらいになるととても眠くなる。手があったかくなって、まだ、23時なのにと思いながら、もうひとつやることやるか、寝るか迷う。

 24時に寝ても24時半位に寝ても、どうやら私は5時間半くらいで目が覚めてしまうようで、もうちょっと寝たいなぁと思っているうちに子供たちが起き出し、うるさくてもう、寝られない。

 昨夜、23時に布団に入った。ここのところ、目覚ましがなくても起きれるので、携帯の電源を切る。

 目が覚めて時計を見る恐怖。携帯の電源を入れて・・・


・・・3時50分・・・


 うわーーー・・・・・・まだ寝たい、寝よう、と思うのだが、眠れず、4時半に長男の目覚ましも鳴り出し、5時にはまた、でっかい声で話しかけられる。

 CDをかけて、布団の上でストレッチなどしているうちに、他の子供たちも起きて、喧嘩が始る。


 そこからはいつものように、朝の支度をしながら、声かけ、喧嘩の仲裁。

 

 朝ごはんに、昨夜の残りの小松菜を食べる。(昨夜は野菜炒めとご飯だった。)

 今日は二男の保育園の遠足で、弁当を作らないといけない。長男の弁当なら、昆布おにぎりをでっかくふたつ作ればいいくらいのことなのだが、保育園の遠足だから、みんなさぞかわいい弁当を持ってくるのだろうと思い、おにぎり二種と、プチトマトを入れる。それでもうちの子供は喜ぶ。焼き海苔をラップで包みながら、食べる時に巻くようにと言う。夕べ沸かしておいた発芽はと麦茶を水筒に入れる。


 7時15分に長女が出発。運動会のリレー選手は朝練があるから、7時半までに学校に行かないといけない。

 皿洗いをしながら、またしても丘陵地の話をしている長男。横で私は朝の軽い運動。

 「数数えてるから、話しかけないで!」


 まだ時間があるので、珍しく、朝からアイロンがけをした。ワンピース二枚。


 7時45分に長男出発。運動会の応援団の練習があるとか。

 8時に二男と私も家を出た。前の日から、二男はバスに置いて行かれちゃうから早く行かなきゃ、って何度も言っていた。小さいのに、8時20分までにねって何度も言う様子が可愛らしかった。


 8時半より前に、私は会社にいた。

 日々前倒しになっているのが怖い。今日も早くに眠くなり、明日も早すぎる時間に起きるのかしらー・・・。

旅好きで心配性な男

 朝から里山の本を見てる。勉強中も、膝の上に里山の本を置いている。(隠してる)

 食事中、目を離すと、里山の本を見ながら食べてる。

 学校へ行ったあと、部屋の中に地図帳と里山の本とかガイドブックが散らかっている。

 帰宅すると、また里山の本を見てる。

 お風呂上りに体拭きながら里山の本を見てる。


 やることやってからって言ってるのに、いつも旅の本を見てる。


 寝る前に小さなメモを残していく。

 何ページの何とかを見ろということが箇条書きにされている。

 横に里山の本。


 今日は寒くないと言っても、トレーナーを着て行ったり、寝る前に布団に落ちた自分の髪を拾いながら、禿げるんじゃないかと心配したり(美容院で必ず、髪がすごく多いと言われているくせに。)、あちこち痛いと言っては病院に行ったり、睡眠時間が減るとヒステリー起こしたり、どんどん目が悪くなるんじゃないかと恐れたり、肥満になると嫌だから今日はお菓子食べるのやめておこうとか、将来どこに住もうとか、

・・・彼は毎日いろんなことを心配している・・・

 そんな長男のことをあまり心配に思わない私。なんとかなるでしょ・・・!?

うーーん。自分で切ったんじゃないんだけどなー

 先日、お気に入りの美容院でカットしてもらったのだが、例の如く、イタリア人の美容師さんがキュートで、カットの仕方もおもしろかった。カット代は8500円なので、年3回くらいにしておこうと思って、やっと行ったのだった。

 去年の12月に切ってから、自分でも2回ほど切った。

 カットしたあと、前髪が伸びてきて切りたくなったら、ここへ来るようにと言われた。

 くれぐれも、自分で切らないようにと念を押された・・・笑。


 後日、カットの、周りの評判は良かったが、若干一名にさんざん笑われた。


 自分で切ったの?


 だって。

 (・・・あばんぎゃるどなのよー。笑。)←自分が気に入っているから、笑われても平気。

ホストファミリーへのメッセージってったって・・・・

 6年生の長男が、夏に区の派遣団で海外に行くことになった。自分たちの頃は、第2次ベビーブームかなんかで子供の数もめちゃくちゃ多かったから、そんな代表に行けるのは学級委員みたいな優等生タイプだけだった気がする。いいなぁと思っても、自分には全く関係ない話だった。なんせ私は先生に嫌われていたし、友達少なかったし、ドッジボールも嫌い、団体行動が苦手、ぼけっとしたり本を読むほうが好き、地味でいたいのになぜか目立ってしまう間の悪い子だったから。

 今は子供の数も減ったので、何かの代表になるにも、競争率が低い。長男は運動会では応援団長になったとか、ボランティアの消防少年団では隊長になったとか、身体と声が大きいというだけで選ばれているのじゃないかと思うほどに、家では怒られてばかりの長男も外では頑張っている模様。

 で、夏休み中に長男は10日間ほどホームステイすることになるわけで、その前に何度か説明会がある模様。

 ・・・え、何?これ記入すんの?・・・

 なんだかめんどくさそうな用紙をもらってきた。予防接種のことやら、家族構成やら書き込む紙。

 その中に、ホストファミリーへのメッセージという欄があった。

 ・・・主に、健康のことを書く紙だから、特に問題なければ書かなくていいのかな・・・とも思ったが・・・うーーん。

 無言って言うのもなんだよなぁ。勘違いだと恥ずかしいなぁと思いつつ、


 ホストファミリー様 

 はじめまして。H(長男)の母です。彼は英語はうまく話せませんが、あなたの国にとても興味があり、いろんなことを学びたい意欲はとてもあります。なにとぞよろしくお願いします。Hの母。

 

 って感じのことをいい加減な英語で書いた。きたねぇ字で・・・・

 きっとまた、長男に言われるだろう。

「ママの字 ぐにゃぐにゃすぎて読めない。なんで先生は読めるのか不思議だよ。」←あきれ顔。

 

 

「ご飯、なにー?」って聞かれるのが嫌な私。

 私は料理が得意ではないけれど、出来なくもなく、嫌いでもないと思っていたが、最近本当にそうなのだろうかと考えた。

 料理するのが気分転換だとか、作る工程が楽しくてたまらないとかいう人もいるけれど、私は、まぁ、やれば楽しいし、うまくできたら嬉しいと思うし、センスはそんなに悪くないと思うけれど・・・料理したくてたまらないというより、めんどくさいとか、しんどいとかっていう気持の方が勝ってしまう気がする。

 つまり、料理に特に喜びを感じない。いやいや料理するのではないけれど、別に楽しくもない。

 イイ女は料理がうまいとかってのも共感しないわけでもないけれど、男だって料理うまいといいと思うし、女の手料理に弱い男がいるように、料理の上手な男が好きな女もいると思う。

 やっぱり、出来ないよりは出来た方がいいと思う。料理。男も女も。。。

寝ても寝ても眠い

 夕べ、最低限二つしようと思っていたことが一つ終わったころに睡魔に襲われた。23時過ぎ。

 まだ頑張れると思ったが、いや、たまにはこういうタイミングで寝ようと思い、布団に入った。

 が、いざとなるとなかなか眠れない。

 いつの間にかに眠りに落ちて、目が覚めたのは5時ぐらいか。

 子供たちが騒ぎ出した。いつもケンカしてる。集中して朝の勉強をこなせず、だらだらしていたのを注意していたら、もう寝なおすことはできなかった。

 あぁ、いつになったら優雅な朝を過ごせるのだろう・・・。

 友人夫婦の話を思う。毎朝旦那さんが、土鍋でご飯を炊き、魚を焼いてから奥さんを起こすという。

 (夜も夜で、旦那さんの手料理。)そんなの夢のまた夢だと思いながら起き出す。

 寝つきが悪かったせいか、寝癖もひどかった。

 

 早寝したのに眠いと思いきや、6時間眠れなかったのだ・・・。

 

 会社に行く途中で、母からメールが来た。実家で飼っていた小鳥が死んだらしい。12年生きた。「永眠しました」

と書いてあった。

 母と小鳥は仲良しだったから、きっと寂しいことだろうと思うと、悲しくなった。

 そのあと、友人からメールがあった。なかなか眠れない私が夢に出てきたそうだ。


 眠るって、不思議だ。


 


グミガールかサリーちゃんのような髪型

 今の髪型は、スタイリングによって結構遊べるのだが、昨日の朝は何もしないままで何かに似ていると思いきや、奈良美智さんのグミガール・・・。

 会社に着いて鏡を見ると、今度は魔法使いサリーちゃん。


 サリーちゃんについてちょっと調べてみたらなんと、名前しか知らないけれど「鉄人28号」の作者とサリーちゃんの作者は一緒で、びっくりした!昔の人のがんばりは凄いっ。

へなちょこパンチでも、気持ちいい☆

 昨夜は久々のボクシングレッスンの日であった。レッスンのある会場に着いた瞬間、にやにや。

 更衣室でにやにや。

 集合前からにやにや。

 ストレッチが終わり、縄跳びが始まる前にそわそわ。

 前回のレッスンが3月だったのだが、その時は縄跳びがもう、恐怖でたまらなかった。子供のころは平気だったのに、大人になってからの3分間縄跳びは、出産後の腹筋運動と同じぐらい、

「え?!うそ?!」って驚きのあまりに笑ってしまうほど、うまくいかなかったのだ。

 しかも、苦しいし・・・泣。

 今回は久々ということで、まず2分。・・・脚の裏側全域びっしびし張った。やっぱり苦しいーー。

 

 練習は、復習的内容。初めての人のための基礎。

 運動神経めちゃくちゃ悪い、十代の頃、神経足りないんじゃないかと思っていた私には、ちょうどいい。

 夢中になって練習に参加しているうちに日常生活とは違った汗のかき方を感じた。

 練習あとには、身体がほかほかあったまっていて、心も体も、かるーーい感じになっていた。

 やっぱりいいねー、運動はー、なんて思いながらぴょこぴょこ弾む心で家に帰ったが・・・


 「あんた・・・なんで起きてんの?何ぃ?まだ宿題終わってないっ?何時間かかるのよーーーー!!」

 現実に引き戻されたのだった。こんなんだからこそ、運動が必要!!!

 

 

スウェードのパトリックをたわしと石鹸で洗うという・・・

 スニーカー屋に言わせると、スニーカーを洗うと傷むとか。ましてや皮使いのスニーカーはもってのほか。

 しかし私はスニーカー洗いたい派。

 皮が使われていないものはガシガシ洗ってきたし、皮使っていたかもしれなくても、ニューバランスもno nameも、何の疑いもなく洗っていた。

 しかし・・・黒々としたスウェードが気持ちよくけばだっていたパトリックは、ほんとやっちゃって大丈夫かなと思わず不安に・・・。

 思い切って、お湯をかけ、布部分をメインにたわしと石鹸で洗い、皮のところは優しくさらっと洗っていたら・・・うわ!

 皮の色が落ちてきたーーーー。

 手早くゆすいで脱水かけた。で、干した。


 たぶん大丈夫だろう。笑。

おおぶりピアスが欲しいっ

 髪をアップにしていた頃から思っていたのだが、おもちゃっぽい大きめのピアスが欲しい今日この頃。

 星がいっぱいついているのとか、だらっと長くてフルーツの飾りがついているのとか(これはアメリカンラグシーで見た・・・一万以上だった。。。)、くしゃくしゃのコサージュのとか・・・。


 欲しいなぁ。。。。

十何年かぶりにショートカットにした。

 二十前後の頃、ショートカットにしていた私。二十代前半に結婚した相手が、長い髪が好きだったことと、妊娠中や授乳期(二時間おきに腹減ったと赤子が泣くからおちおち美容院に行ってられなかった。)になかなか美容院に行く時間が取りづらかったことから、気がつけば美容師も驚くロングヘアになっていた。

 普通の長い髪に飽きて、スパイラルをかけ、そのあとストレートにした後、髪は見た目さらさらだけれど実はスカスカに傷んでいたので、ざっぱりとミディアムにし、それ以降は、伸びてもせいぜいセミロング。

 ヒッピー風のセミロングか、顎ラインのフレンチボブのどちらかぐらいで落ち着いていた。


 というわけで、アップにできるようになったのもい束の間、切りたくなって、またボブにしようかと考えていた。

 しかし・・・・

 三十代半ば超えると、身体的にかなり老いを感じ、肌や髪のつやが落ちたことを切実に感じる。


 髪は短い方がおばさんぽいか、それとも、長い方がつやのなさが目立って魔女のおばあっぽかなどと悩む、という新たな悩みが・・・そりゃ、実際おばさんだからおばさんぽくてもしょうがないのだけど、やっぱりかっこよくありたいわけで。

 おばさんぽいより、やっぱ、年の割には若々しい(二十代のように若いというのとは意味が違う。。。)感じでありたいわけで、あえて老けて見える髪型よりは、フレッシュ(苦笑)な方を選びたいと思う。


 先日自分で切った後、やっぱり美容院でさっぱり切りたいなーと思い、すぐに予約。

 タイミングよく、すぐ切りに行けた。

 イメージだけ伝えて、あとはお任せ。

 十数年ぶりに、ショートカットとなったわけ。

 自分はショート慣れしているけれど、周りからは「ざっぱりいったねー!」とか「なんかあったの?」とか・・・。


 すごい気分いい。さっぱりすっきり。


 子供たち、男どもは、長い方が好きみたいだが、長女は、褒めてくれた。さすが、女の子。


 長男に、「でも、若く見えるって言われたよ」と言うと、それには同感のようだったので、冗談で、

 「お母さんじゃなくて、あれはお姉さん、って言ってみたら。外で。」と言ってみたところ、

 「そんなこと言ったら、お母さんが死んだと思われる」とか言ってた・・・なんていう思考様式・・・。

体調悪いといいことないよ?

 (食事中及び前後の方はご注意ください。)


 先日、久々に二男五歳??が吐いた。下痢して吐いて、すっきり。事前も事後も元気。

 胃腸にくるウィルスだったのだろうが、ノロとかロタではなさそうだったので、普通に私は片づけた。

 が、台所のフローリングの上とはいえ、木目に嘔吐物が入り込んだりして大変だった。食べた直後だったので、そのまんまのワカメや、ポテトのあぶらっこいのとかで…思わず、


 「体調悪い時に欲張ってあぶらっこいもの食べんじゃないのっ!」とか

 「んもーーーー!大変でしょっ。トイレで吐いてよねっ。」とか言いながら、何枚も雑巾を捨て、洗剤しゅっしゅやる私を横で眺めている二男。

 叱られながら、申し訳なさそうにしている。

 怒られて、ほんとに反省しているときは、そのつど、黙って頷くのだった。

  

 うちでは、体調悪いといたわられない。怒られる。・・・かわいそうに。

 手洗いうがいがいい加減で、下の子たちが風邪でもひこうなら、長男十一歳が

 「ママの給料が減っちゃうじゃん!」と嘆く・・・。

 どんな大人になることやら・・・・。

 


  

子供の髪を切っていたら自分の髪も切りたくなった。

 二男の髪は、くるんくるんの天使パーマ。先日、台所のゴミ箱の周りに髪の毛が散乱していたのだが、それは二男が勝手に前髪を切った後だった。本人いわく、坊主頭にしたかったのだが、前髪だけ掴んで切って、断念したそう。横や後ろ髪が伸びてきてくるくる巻きだしたので、お風呂場で散髪した。

 はさみは、東急ハンズのハンズメッセで安く購入したもの。

 長女の髪は子供のころはアニーみたいなくるくるだったが、今はストレート。ぺったりと伸びて、ゴリラっぽかったので、彼女の髪も切った。ビートルズのようなマッシュルームにしたのだが、前髪が長いと目にも入るし、子供は汗かきで、おでこが汗もになるので前髪も眉毛の上でまず、ぱっつん。それから縦にじょきじょき。

 髪を切る感覚が好きで、ザクザクシャキシャキやってると、もっと切りたくなってくる。


 前回自分の髪を切りに行ったのは12月。そろそろ切りたくなってきた。

 暑くなってきたので、二つに結んだり、アップにしたり、アレンジができるようになってきたし、髪型自体もヒッピー風というかジプシー風というか・・・好きなのだが、髪を伸ばすとどうにも髪のつやのなさが気になる。私の髪は「外国人風」癖っ毛と言われる。ストレートのようなつやがなく、カサカサしがち。

 うちにはドライヤーもブラシもないので、常に難民のようなぼさぼさ頭。若い時ならいいけれど、歳とってきたら、魔女みたいになってしまいそう?!

 長い髪をゆるく結わいたり、お下げにするのも好き。が、顎ぐらいのラインのボブや、ショートカットも結構好き。

 なんだか無性に切りたくなって、どうせ切るなら自分で第一段階切ってもいいだろうと(ちょっと前にも切った。自分で切ることは時々ある。)、切ってみた。8センチくらいか。アップにはできないけれど、スタイルとしては肩にギリギリつくぐらいのボブ。

 しばらくしたら、もっと短くしようかな。

 ちなみに最近の私のお気に入りの美容院は神宮前の、sindenです。

sinden

夢と居眠りがらみの話。

お友達のブログ記事を読んで

http://ameblo.jp/burari/entry-10251584633.html

ふと考えた。

最近あった、夢がらみのこと。


 一番最近覚えている夢は、どういう状況だったかは覚えていないが、私がこう言っている場面。

「ごめんねぇ。また男の子だった~」

・・・別に男の子が生まれて悪いっていうわけではなかったが、自分の意図としては次に女の子を産むつもりだったっぽい。


 ちょっと前にあった、あってはならぬこと・・・

なんて言ったか覚えていないが、大声で、長男に向かって何か言っていた。その声で目覚めた。しかも、ひとに聞かれた。誤魔化そうとしたが、どうにもならず。恥ずかしかった。そんなことは生れて初めてだ。


 今年の初夢のワンシーンは、ジュゴン料理を出す薬膳?料理屋の店先にいる私と子どもと、母。

ちょうど目が覚めたその寝床で、横にいた人が話し出したことは、「ジュゴンが出てくるドキュメンタリー」のことを聞いて、思ったこと。ヒッピーの本に出ていたように、同じ部屋で寝ていると、寝ている間にそんな不思議なことがあるようだ。

 

 夢見てはいないが、私はよく転寝する。

 特に、保護者会とか式典の時。誘眠作用があるのだろうか。先日も、息子の所属する少年消防団の式典で、瞼が下りては、はっと気づき、を何度か繰り返した。目を閉じていた時に、誰かの指の腹が、すーーっと私の右目の下をなぞった。誰だったんだろう。


 つい先日。朝起きた恰好のまま、ミッドタウンの芝生でのヨガの講習会に参加。最後の頃にあおむけに転がったまま目を閉じて15分。ほんのちょっとだけ寝てしまったような気がした。横で2秒ぐらい、2回、いびきが聞こえた。

 あとで、一緒に行った連れに、「ちょっと寝た?」と聞いたら、ううん、と否定する。いや、きっと、寝てたぞ!と思ったが、追及しなかった。


 ほんと、気持ちいい季節。気持ちよく眠れる季節・・・。陽だまりの香りの中で昼寝・・・想像しただけでいい感じ。