スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週は女の子に癒されたなー。

 他のサイトを見ていた時、珍しく目にとまった女の子の写真。

 うわーーーなぁんて・・・・何とも言えないキュートな子・・・アンジェリーナ&ブラピの娘さんのShilohちゃんでした。

 思わず顔がほころんでしまうようなhappyなパワーを感じる。


 今週半ばに私が感動したのは、現在小学校5年生の女の子の作文でした。

 先日の日曜日に、将棋の、文部省杯だかなんだかの、東京都ブロック予選??みたいなのがあって、うちの長男をチームのメンバーとして誘ってくれた女の子(将棋の腕前は4段!)が書いたもの。

 文章力に驚いただけでなく、内容がまたよかった!

 上手な作文で、これ大人が書いたんじゃないの?って思うようなのが時々あるけれど、彼女の作文は、子供らしく優しく純粋で、百合の美しさとひまわりの快活さ・・・そんな感じでした。


 素敵な女の子の存在。


 そのまま幸せに生きて欲しいなぁと思った!

スポンサーサイト

安定剤って、落ちる薬なんですか?!

 自己判断はいけないのかなぁと、三回だけ飲んだ。抗不安剤。

 前述したとおり、落ち着くんじゃなくて、だるくて眠くなる。強制終了させられる。


 ふだんのテンション高すぎるから、ぶっちぎれないように、「落とす」ために処方されたんじゃないかという意見が。


 薬飲んでなくても、アップダウン激しいのに、飲んだら余計に酷くなった気がする。

 キレ方が激しくなった。落ち込み方もどん底に。


 料理でいえば、味付けだね。この味が強すぎるからこれを足してってやってみたが、さらにまずくなって食えなくなった、みたいな感じ。

 どっかで失敗したら、修正すればいいというけれど、いったんおいとくってのもある。


 今日はもうさぼりたくてさぼりたくて、何度も立ち止まってしまいながらも会社へ来た。

 以前に聞いたことを思い出して。

 落ち込んでいるときは、とことん落ち込むほうが、落ち込み飽きて浮上すると私は思っているのだけど、落ち込みから回復したおばあさんが、落ち込んでいるとき、手を動かしなさい、何かしなさいと言っていたのだった。

 今日、さぼったら、やばいような気がして会社に来た。

 やりたくないことはすべてやらないで、森田療法みたいな感じにしてみると、やる気がわいてくるとも言うし、ひとりで海へ行って、ぼーーっとさざ波とか眺めていたら、自分の悩みもちっぽけに感じていいかもとも思った。

 が、もっと落ち込みそうかもとも思った。


 結局会社へ。昨夜1時半ごろ寝て、朝、5時半ごろ、子供たちが煩くて目覚めた。

 朝から喧嘩の声・・・すごく悲しくなってしまった。

 だけど、みんな頑張ってるんだよね。 

 誰も私を助けることは出来ない。自分でなんとかするしかない。

 自分のことは、自分で。


 

気持ちが上がっていく過程。

 何が何だか分からなくなったとき、私はとりあえず深呼吸して、

 心はなんて言っているかな?と聞いてみる。

 

 心の声に耳を澄ませば、心は教えてくれると聞くけれど、その声に従って大丈夫なのか?と思う。

 自分を信じていないってことか?私は。


 でも、子供を見ていると、心の声そのまんま聞いていいのかと疑問に思う。

  あれが欲しいこれが欲しい。そういった欲望も心の欲するものだとすると、その欲するままに動いていいのか? 

 心がしつけさせられていないと

 ・・・と考えたとき、しつけというのは、頭での領域だと仮定して考えた。

 

 本来、あった。でもそれより、もっともっと欲しいという思い。頭を使っていろいろなものが作り出され、物があふれ、

 さらに新しいものを伝える情報があふれている現代社会。

 心ではなく頭で考えたもので作られた社会には、やっぱり頭で対応していかないといけないのでは?

 

 だけど人間はやっぱり人間だし、ずっと人間。

 頭ばっかり使っているから、心が運動不足。もてあました心は感動したがってるし、満たされたい思いでいっぱい。それを満たすために、また物や情報をつぎ込んで、の悪循環。


 自分が貰った信用ならない薬を検索かけてみたら、たくさんの「鬱病」という文字が現れた。

 いったいなんで、そもそもなんで、そんなにみんな病んでしまうのか。

 その原因は、育った家庭にあるだけではなくて、その家庭をも含む社会・・・


 そんな風に漠然と考えると、どうにもならない、つかみようがない感じになる。よく地方出身の友人が、子供は東京で育てたくないとか東京は子育て向きじゃないと言うのを聞く。そういう考えもあるよねぇくらいにしか思っていなかった。しかし、ただ歩いているだけで、あっちもこっちもキラキラ、おいしそうなsweetsの店や可愛らしいものが並べられたものを、毎日通る道で見かけるのと、そんなものはないけれど、日に照らされた地面と、青空と、揺れる緑に挟まれた道を通って学校へ行くのでは、ずいぶんな違いだ。

 子供の小さな脳は、キラキラした夢のようなものを欲しいと思うだろう。制御するのが大変なのは、たとえば大人が、お菓子を買わなければ食べないのに、家にあると食べちゃうのよねぇというのを考えればわかること。

 過剰な欲望と戦うのは大変。

 ではどうするか。

 欲しいと思わなければいい。それが素敵なものではないと思うなら、欲しくもなければ興味もわかないはず。


 何が大事か教えること。

 大事なことはそもそもそんなにたくさんではないはず。

  

 ・・・・なんかまた頭使っちゃった感じww


 だけど、私は21歳のころ、つまり16年前に同じようなことを考えていたのだった。イスタンブールで。

 物はそんなになかったけれどたくさんの会話があった。気持ちがあった。


 あったかぁい気持ちは、スープよりあったかく、甘い笑顔はうっとりする、sweets

 優しいぬくもりは触れなくても感じる。それらは、人から受けるだけでなくて、自分自身もそういうものすべて持ってる。時には力不足でへたっても。

 へたれたときは、ひとりで好きな時間に思い浮かぶ好きな場所へ行くと、力がわいてくる。

 そういうことは、心の声が教えてくれることなんだよね。


 心も頭も大事だね。これまた当たり前のことなんだけど。

 大変な時代だから、病んでる人が多いのも仕方ない。


 外は雨があがって晴れてきた。

 私は雨上がりが大好き。緑の匂いをかぎながら歩けるから。


 ・・・・上がってきた。笑。

夜中の日課

 ここのところ、私は23時半位から野菜を切って、煮ている。昨夜は、新鮮なキャベツと、ニンジンを鍋に入れ、

昆布を入れて、水を少し。ことこと。

 油揚げも入れる。

 蓋を開けて、煮え具合を見てみると、夜中の静かな台所に甘いキャベツの匂いがふわり。

 朝。昨日は朝からゆで卵の殻を6つもむいて卵サンドを作ったが、今朝は簡単にピーナツバターサンド。

 昨夜の野菜の鍋に、お味噌とちりめんじゃこを足してひと煮立ち。

 夕飯の支度オッケイ。

 昨夜は、じゃがいもと人参と鶏挽肉、揚げボールの煮物。

 作り出すと同じようなものばかりしばらく作り続けてしまうのよね。。。

ストレスまみれがいいみたい。・・・安定剤体験。

えーー。そおいう薬はちょっと飲みたくないんだよね。

 と思いつつも、しぶしぶ受け取った処方箋を薬局に出し、どうせ飲まないだろうよと思っていた。


 しかし。自分が必要と思っていないだけで、実は体は必要としているのかどうかわからない。

 眼鏡を持ってくるのを忘れたとか言っちゃってる先生よりも、自分自身の直感を頼りに・・・といつもなら思うのだが、、、、

 でも。たまには素直に。

 そう考えて、まず昼間に飲んでみた。昼夜一錠飲めとのことだったので。

 だいたい、血液検査の結果、カルテに書かれたのが「心身症」ってなんだよ。


 さて。

 ふだんからめっちゃテンション高めで、悩みなんてないでしょ、って言われているような人間が、抗不安剤を飲むとどうなるか。


 いや、身体も心も疲れきって、それでも無理やり上げようとしていたから、こんなことになったらしい。

 考えてみたら、毎日ちゃんと寝たと思える時間は4時間半。寝れてないじゃん。


 だるくて眠くて、人と話すのもなんだかめんどくさくなってきた。

 家に帰って子供が寝た後、2時間ぐらいぼーーーっとしてしまい、動けなくなる。


 で、これはおかしいと思い、病院に行ったのだった。体調も変だったし。

 

 薬はまるで、強制終了という感じだ。私としては、もっとテンション上げたいのに、上がらない、さらにだるく眠くなる。

 無理やり寝させられているみたいだ。くれるなら、上がる薬をくれよと思う。

 仕事中に、睡魔との闘いもない。戦う前に、瞼が下がっている。

 夜、ストレッチしていたら、そのままの体勢で寝ていた。ありえない!!!!

 朝、ご飯をセットしたか覚えていない。冷蔵庫におひや、いれてたっけ?

 道を間違えたり、手紙を読み間違えたり。

 

 生活に支障を下すよ!!!

 ・・・きりきり、ストレスまみれ、緊張感にヒステリックな日々、睡眠不足・・・・だけど、これも、私には合っているライフスタイルなんだなぁと思った。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。