スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーシキン、面白い!

スペードのクイーン/ベールキン物語 (光文社古典新訳文庫)

新品価格
¥1,102から
(2015/4/26 12:08時点)



チェコ文化に興味を持った延長か、最近モームのサミングアップ読んだせいか、文学、それもロシア文学をふと読みたくなった。
そして借りてみたのはプーシキン。
物語設定といい、長さといい、とても読みやすい。
話も、ぐいぐい引っ張られる。続きを楽しみにする!そんな本に出会えてラッキーである。
子供の頃に、世界の不思議な話、とか残酷話とか、そういったシリーズを読んでいた時の気分を改めて味わえた。
スポンサーサイト

運動指導者が教える 食事10割でヤセる技術

運動指導者が教える 食事10割でヤセる技術 (美人開花シリーズ)

中古価格
¥1,605から
(2015/4/26 11:53時点)



久しぶりに健康法的本を読んでみた。考えてみたら、去年の今頃も白湯の本など読んでいた記憶。
新年、気付いたらもう3分の1過ぎてるのだけれど、まだ、今年こそはという気分なのだろう。
ちまたでは美味しいものが溢れているが、並んで買って食べて、でもってスポーツクラブというような気になれない私。
なるべく運動はしたくないのである。ストレッチなど日々の軽い運動と、休日の散歩などはしているものの、ジョギングとか水泳とかジムとか、嫌なのだ。
極端な炭水化物抜きも、する気にならないし、、、だけどそろそろなんとかしないと、いい加減マズいよー
そんな私みたいな人に向いている本であった。
頭でっかちに、情報は持っているけれど実践できない。
そんな人の背中を押すように、押しつけでなく、著者の感じたことや体験したことを読んでいるうちに、なんだか納得させられる。
肝心なところの誤字や、ちょっと、え?って思うところ(キャベツをレタスなどと同じ、あまり栄養のないような扱いは、キャベツ好きとして納得できない。実際、日本人に合っている栄養価の高い野菜だと思うので。キャベツ)もあったが、全体として、思っていた以上によく出来た内容だった。
人にお勧めしたいレベルである。
確かに、食べることは、生きる様式だから、、、って思った。

サミングアップ

サミング・アップ (岩波文庫)

新品価格
¥972から
(2015/4/26 11:45時点)



サマセット モームのエッセイである。
今よりもいろいろなことをするにも困難だった時代に、たくさん旅もして、
脚本家としても知られるほどの活躍もして、
たくさんの本を読んで、、、、なんて濃い生き方!
文学作品についても、鵜呑みでなく疑ってかかるような態度を知った。
言われているから、と、思い込んでいたことに疑問を持てた。
モームの姿勢。皮肉の裏は優しくて好奇心に満ちあふれていて。
ユーモアのセンスだけでなく、文章の面白さは、さすがに脚本家として人を楽しませようと頑張った時期の賜物であろうし、驚くほど本を読んでいるからこそ身に付いている書く技にも感服。
もっと自分も本が読みたい!と思った。
いろいろなことについて教えてくれる、面白い本!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。