スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「整体から見る気と体」

整体から見る気と身体 (ちくま文庫)

新品価格
¥626から
(2016/2/20 09:35時点)




特にしっくりきたところは、
”交流できる面があるとお互いが元気になる”というところ。
気の合う人同士って、ちょっと会話を交わしたり、近くにいるだけで落ち着いたり、気分がすっきりしたりするもの。
交流は、物との間にも起きるのも、納得。
また、”同じ物事に出会った場合でも、人それぞれ受け取る感受性が違う”ということを認める→”共鳴的理解”という話も面白かった。
スポンサーサイト

「僕とカミンスキー」読みながら目の前に広がる

僕とカミンスキー

新品価格
¥1,944から
(2016/2/13 10:30時点)



友人に、「世界の測量」

世界の測量 ガウスとフンボルトの物語

中古価格
¥303から
(2016/2/13 10:33時点)



という本、読んで感想を聞かせてと言われたのにも関わらず、
同じ著者の違う本に興味を持ち、「僕とカミンスキー」の方を読んでしまった。
説明は、アマゾンのサイトに任せるとして、読んだ感想は、
読みながら、どんどん、目の前に即、そのと時の場面が広がるところに感心した。
細かい表現の仕方がうまいのだな。
時折分かりにくくなるときももちろんあるが、かなり細かく想像に繋がるように出来ていて、スピード感も日常生活、リアルタイムに近いので、物語進行と自分の時間がかなり近く感じる。
脳に信号がいきやすいというのか?
翻訳者の力にもよるところ大きいと思うが、楽しく読みやすい本だった。
表面が細かさによる容量と、内容の分量のバランスが同じくらいなので、むしろ、内容分の重みが多い方が、読んだ感じの満足度は高くなるかも。
主人公の嫌な男感が、すごくうまく出ていた。
あー、そういうこと気になる!と思うようなことなども。
読者に、推測させる余韻もあり。
しかし、面白くなって来たところで終わるので、この二倍くらい話が続いてもいいのにと思った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。