スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ番組制作会社・・・もう、うんざり!

とあるテレビ番組制作会社の人材募集に応募してみた。
競争率25倍だったそうだが、なぜか採用されて、働くことになった。
これは、十年ほど前の話なのだけど、まだ、そこの会社は生き残っていて、
毎週、自分が関わっていた番組が、放映されている。
あ~、相変わらずなんだろうな・・・。

私が最初に担当したのは、海外から送られてくる大量のVHSビデオテープを何本もチェックし、
そのデータ(どこの、いつの、どういう内容などなど。)をまとめる作業
だった。
一日中、ラップトップで、何を言っているのだか分からないようなテープを、
早送りしながら見て、データを作るのである。

色々な言語であっても、意外と内容がつかめるものもあれば、
よく分からないものもある。

そのデータを、ディレクターやらプロデューサーやらが読み、
興味の湧いたビデオをみんなで見たうえで、
どれを(番組で)使うか、検討する。
幾つか選んだ後は、その映像がどういうかたちで入手可能かとか、
シリーズ丸ごと使わせてもらうかとか、
金額の交渉といったことへと進む。
その辺が万事うまくいったら、その映像をテレビ放送に耐えうる媒体にしたり、
日本の画像の方式に変換する必要があるものは、業者に発注し、
そのまま使えるものは、そのまま使う。
収録前に、映像の詳しい資料を作り、関係者に配る。
収録後は、編集作業を見に行ったりする。(雑用係!)

忙しい時間と、手持ち無沙汰な時間が交差するのは、
たくさんの人間が関わっているので、仕方が無い。

けれども、打ち合わせの時間なんかも滅茶苦茶で、
夜中の十二時にスタート、なんてこともあった。
急に忙しくなった時は、いくら頑張っても間に合わない・・・!!
という気になる。
(怖い社長に「どうして、出来ないんだ!」と、叱られる。)
慌てている時に限って、先輩から、行方不明のテープを
探すように言われたり。
社内のテープは、他の会社も利用することがあり、
それをきちんと管理している者がいなかったので、
しょっちゅう、テープ探しすることとなる。
(探したって、みつからない!誰かが何処かに持って行っているのだから。)
出版物の編集会社なんかで、写真のネガ(今では、データファイルとかかね。)が行方不明になりがちなのと同じだ。

始まる時間は午前十時からで、遅めだったが、
帰りは何時になるか分からない。
帰りたくても帰れない、何日も会社にいる人もいた。入浴も出来なかったりね。
他の人の作業の進行によって、後の人が動く時間も左右されるから、
待ったり、動いたり、である。
自分の出番の時間のほうが、忙しくてもほっとすると思う。
待っている間に、余計な雑用が入ったりもする。
落ち着かない。
殆ど、太陽の下には出ない

帰りはしょっちゅう、タクシーで揺られて帰る。
そういう環境であった。

残業する割には、給料も少ない。
そんなに忙しそうに見えない(常に忙しいわけではないから)くせに、
毎日残業なんて、頭悪いんじゃない!?とも思ったけれど、
そのやり方では、何処かできりをつけて、
他の人に迷惑がかからないタイミングで、帰るしかない。
夜中にタクシーなんかで帰ると、
料金と自分の日給を、思わず比較してしまう。
(今は、早く帰るか、泊まるかのどっちからしい。)

偉くなっている人は、相当偉そうに出来る。
その職種自体好きな人か、芸能人好き(確かに、芸能人と会える機会も多いし、時には、打ち上げで同席出来ることもある)な人でないと、長く働くことは難しいだろう。
下っ端の人間は、独身の若い人が殆ど。
プライベートの時間がないよ
と、面接の時言われた。
そこで働いて、よかったことといえば、番組制作のしくみが分かったり、
時々、社長が、とびっきり美味しいものをご馳走してくれることくらいだった。

その会社は、働いている人間が、辞めたくても、
「辞めたい」と、社長に言うと、説得されて、辞めさせてくれない。
辞める場合は、殆ど、ばっくれしかない、という噂があった。
私が働いている間も、すごく頑張っていた人が、突然、来なくなり、
結局退社となり、本人がやってこないので、
会社から、書類を郵送するということが、度々あった。

私は、もともと、テレビっ子ではなかったので、あまり夢中にもなれず、
長時間拘束されることが苦痛で仕方がなかった。
時々、勤務時間中に外の空気を吸ったときは、
自分が、違う誰かになったような気がした。
静かな夜の空気に助けを求めたい気分。
自分が外に出るときは、大抵、夜。
夜はふけていくけれど、帰れない。
すごく、気分が滅入る。


そして、私も、まさか自分は、と思っていた、
「ばっくれ退社」することに。
3ヶ月間働いたけれど、とても長く感じた。
今ではもっと、効率よくなったのかな。技術的にもだいぶ変わっただろうし。
けれど、職場のカラーはあまり変わっていないんじゃないかな、と思う。
この仕事は、仕事の内容自体好きで、幾ら時間がかかっても平気、
乱雑、不規則も気にならない人でないと、ストレスでいっぱいになりそう。
男の人なら禿げちゃうかもね。
人間関係も独特だし。
私は、まるで合わなかったなぁ・・・。(苦笑)

スポンサーサイト
しらみつぶしにアンテナ探し | Home | どういうわけだか、ウグイス嬢・・・!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。