Sweets what I need

甘いものが欲しいのは、
人生に甘いものが足りないから?

「僕にはsweetsが足りないから、甘いものを食べるんだ。
すごく甘いものをね。」
そう言っていた人がいたな。

So sweet とか、「甘いね」とか
甘い、甘いと言われてきたけれど、
甘さをとろりと流し続けてきたけれど、
本当は、甘やかすのが苦手。

せいぜい、ひと時のおやつにしかなれない。
相手にとっても、おやつでしかなくて、
おやつを出している自分も
おやつが足りなくて、
足りない分のsweetsを求め続ける。

いつまでたっても、満たされることはない。

人生に、甘さが足りないから、
sweetsを求めるというのは、思い込み?

ある本の作者が、チョコチップクッキーをほおばるよりも、
創作活動を続けよう、と言っていた。
ある歌でも同じようなことを歌っていた。
クッキーじゃなくても、アルコールでも、人でも同じこと。
現実逃避の手段。

依存物質なしに、満たされる方法は?
友達が答えてくれたことは、私の頭の中にもあったこと。
でも、実際、本気で試したことはあったかどうか。

甘いものは、「三時の」おやつでしかない。
一日中、おやつの時間ではない。
そこにとどまる限り、先へは進めない。
甘いものが、「三時の」おやつであって、
そこはティータイム。
再び動き出すのであれば、それは本当のおやつだ。

ちゃんと生きて、本当の自分のやるべきことから逃げないで、
毎日少しずつでも進んでいければ、
きっと、おやつを本当に味わえるようになる。
sweetsが、とっても甘くて、新鮮で、
大事なものに感じられるようになるかもしれない。

かすんだ目で旅をしたって、心は晴れない。


スポンサーサイト
ちゃぶ台の前でぼ~っとする深夜三時。 | Home | 不安にさせる風。

コメント

Sweet, honey, milk & love。3時のおやつを楽しみにするけど、白いゴハンやおみそ汁も必要だったりするし、このバランスがむずかしいよね。

2006/03/01 (Wed) 11:31 | *o* #- | URL | 編集
いつも、ご愛読!?ありがとう

君の場合、spice cookyでは?(笑)
お茶漬け君の話、今度のお茶のとき、聞かせてもらうの楽しみにしてるよ(笑)。

2006/03/03 (Fri) 23:47 | smaila #yyKEoA6o | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する