スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お賽銭を投げて

いつも渡る横断歩道。
信号待ちをしていると
左手に小さな標識が目に入る。
この一帯は避難残留地ですといったことが書いてある。
災害時に飛び火の危険が少ないとやらで。
そんなんあったんだぁ。と思いながら目を上げて
通りの向こうを見ると

1月22日大祭

あぁ。
先月は縁日という表示にすっかり
騙されたのだった。
騙されたというより勘違いなのだが。
大祭?
縁日よりは大げさだから
祭りなのだろうか?

きっと違うんだろうなぁ。
帰りに寄ってみようと思う。

日の沈んだ時間。
神社の敷地に足を踏み入れて、やっぱり、
と思う。

急ぎ足でお参りする人を二人ほど見かけたが、
所謂祭りではなかった。

初詣の時に混雑が酷くて並ばなかったところにまず向かい、
お賽銭を投げた。

今年の正月は一体いくつの寺社仏閣に行ったのだろう?
その度に念じるのは大抵同じこと。

そう、手を合わせて念じる時、
認識する。
自分がしたいこと
自分が思うこと。

お参りの意味は
私にとってはそういうことなのだと
最近よく思う。
神様が叶えてくれるのではなく
自分が何かを宣言したり
思い出して心に刻むたびに
~したいという気持ちを意識する。
そうすることで
実現に近づくのかもしれない。

感謝を思い出す。
目標を思い出す。
そういう機会を持つために
お参りする、私は。

お参りした後、誰もいない小さな建物の前にある
机の上の小さな箱に百円入れて
おみくじの箱をガラガラと振った。

大吉だった。
スポンサーサイト
テニスにカフェに | Home | ごはん一杯、米何粒?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。