スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越冬人参

 小さな弟、赤ちゃんぽく見えるけど、来年には一年生だ。
 そして私はこの前二年生になったところ。
 
 ちゃぶ台に最初に運ばれてきたのは、人参スティックが少し入った皿だった。
 小さな弟は生の人参が好き。昨日も相当食べてたわ。これは実は、昨日の残り。
 ママは、弟にだけ人参をあげた。マヨネーズが皿の端に少しだけ添えられている。
 真っ先に人参に手を伸ばす弟。バリボリバリボリ食べている。


 「ねぇ。ちょっと!私にも人参一本、ちょうだいよっ!」
 弟がごねるより先に、ママが私に一本、人参スティック手渡した。

 ふん。後で、蹴ってやるから!
 弟を斜め下からきっと睨んで、そう考えてたわ。蹴ってやるって。 
スポンサーサイト
テーマ: ショートショート | ジャンル: 小説・文学
海へ行く確率50%、会社に行く確率50% | Home | 桃色の夕方

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。