スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十何年かぶりにショートカットにした。

 二十前後の頃、ショートカットにしていた私。二十代前半に結婚した相手が、長い髪が好きだったことと、妊娠中や授乳期(二時間おきに腹減ったと赤子が泣くからおちおち美容院に行ってられなかった。)になかなか美容院に行く時間が取りづらかったことから、気がつけば美容師も驚くロングヘアになっていた。

 普通の長い髪に飽きて、スパイラルをかけ、そのあとストレートにした後、髪は見た目さらさらだけれど実はスカスカに傷んでいたので、ざっぱりとミディアムにし、それ以降は、伸びてもせいぜいセミロング。

 ヒッピー風のセミロングか、顎ラインのフレンチボブのどちらかぐらいで落ち着いていた。


 というわけで、アップにできるようになったのもい束の間、切りたくなって、またボブにしようかと考えていた。

 しかし・・・・

 三十代半ば超えると、身体的にかなり老いを感じ、肌や髪のつやが落ちたことを切実に感じる。


 髪は短い方がおばさんぽいか、それとも、長い方がつやのなさが目立って魔女のおばあっぽかなどと悩む、という新たな悩みが・・・そりゃ、実際おばさんだからおばさんぽくてもしょうがないのだけど、やっぱりかっこよくありたいわけで。

 おばさんぽいより、やっぱ、年の割には若々しい(二十代のように若いというのとは意味が違う。。。)感じでありたいわけで、あえて老けて見える髪型よりは、フレッシュ(苦笑)な方を選びたいと思う。


 先日自分で切った後、やっぱり美容院でさっぱり切りたいなーと思い、すぐに予約。

 タイミングよく、すぐ切りに行けた。

 イメージだけ伝えて、あとはお任せ。

 十数年ぶりに、ショートカットとなったわけ。

 自分はショート慣れしているけれど、周りからは「ざっぱりいったねー!」とか「なんかあったの?」とか・・・。


 すごい気分いい。さっぱりすっきり。


 子供たち、男どもは、長い方が好きみたいだが、長女は、褒めてくれた。さすが、女の子。


 長男に、「でも、若く見えるって言われたよ」と言うと、それには同感のようだったので、冗談で、

 「お母さんじゃなくて、あれはお姉さん、って言ってみたら。外で。」と言ってみたところ、

 「そんなこと言ったら、お母さんが死んだと思われる」とか言ってた・・・なんていう思考様式・・・。

スポンサーサイト
おおぶりピアスが欲しいっ | Home | 体調悪いといいことないよ?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。