誕生日羊羹

 昨日の誕生日の実際は・・・


 昼休みに新宿に行った。伊勢丹と丸井をちょろっと見たが、セール用にどっかの倉庫から持ってきたんですか?!って思うような服をたくさん目にして、何も買わずに帰る。DC系はそういうことするから嫌だ・・・。みんながみんなじゃないけど。


 仕事を終えて、帰宅。

 長男が、今日は能の実習があって、そのあとお茶のお稽古もあるから、お茶菓子持ってきてあげようか?と朝言っていたのだった。そういうことはやめてーーと言っていたのだが。

 玄関の前に地味な花束が置いてあった。赤紫のぼさぼさと、黄色い菊・・・。

 ドアを開けたら、長男が「お花あったでしょ」と言うので、「能のお稽古でもらったの?」と聞くと、そうだよ、なんでわかった?と言う。なんでって言われても・・・と思っていたら、

 「お茶菓子持って来たよ!・・・ケーキの代わり!じゃないよ。」と言ってポケットからティッシュでくるまれたヤバい感じのものを出した。

 「虎屋の羊羹だよ!・・・・ティッシュくっついちゃったけど。」

 なんとかティッシュをはがしてみると、かじった跡がある羊羹ひときれ。

 冷たかった時おいしかったから、洗えば?と言うが、そのまま食べた。(食べないといけないのよ、こういうときは。)

 「おいしいでしょ?虎屋の羊羹だからママに持ってきた!」・・・なんかねっとりしていて、つぶれててティッシュのかけらついてて、歯型もついてたけれど、それでも長男の気持ち、ありがたく頂く。


 ちびたちが、「ママ、ケーキ買ってきた?」と聞くので、自分で自分のケーキ買う気になれないんだよ、と言うと、

 長男が、お菓子のまちおかでお菓子買ってあげようかとか、虎屋で何が好き?と聞いてくる。

 虎屋のお菓子なんでも好きだよと言うと、何でもじゃダメだとか・・・。

 でもまぁ、大人になって給料もらったら、誕生日ケーキ買ってきてよと言って、その話は終了。


 子供たちを寝かせてから、表参道の整骨院に行った。

 電気治療の間、手持無沙汰なのだが、窓から見える外の建物のライトがキラキラと綺麗。


 家に帰ってシャワーを浴びてから野菜の処理!

 日曜日にじゃがいもを買ったのに、生協でも頼んでいたじゃがいもが来てじゃがいもだらけ。

 普通のカレーにしようと思って、野菜を切ったり煮たりしているうちに12時近く。


 はぁ。

 あ。

 やっぱりむかつくー!!

 と思って、男にメール。

 「やっぱり今年も気づいてもらえなかったみたい。悲しくなったよ。

私の誕生日にも私の感じることにも関心がないみたいだね。」云々。


 寝つき悪く、ウォークマン耳にぶっ込んで寝床へ。

 夜中、気づきたくなかったがメールに気づく。「ごめんなさい」。


 ごめんじゃねぇよ!!と、寝なおす。


 朝。意味不明なメールを見て、何、酔っぱらい?と思いつつ、


 別に謝んないでいいし!自分の魅力のなさって話でしょ。

 大切に思う相手を大切にできる人は大切に思う相手に、どうするか。

 行動でわかるってあなたが言ったとおりだよね。

 思ってないことはできないって。

 私は無理やりばっかりでしょ、ごめんね!

・・・といった感じの返信を送る。


 ふん。都合が悪いと黙り込むんだから。


 それから数時間後。やっぱり自分、大人げなかったかなぁなどと反省するものの、

 忙しくても平日でも、付き合っている相手に「おめでとう」のメールぐらい送れるでしょうが!と思いとどまる。


 だって、そういうこと全くしないひとじゃなくて、自分の後輩とかの誕生日はしっかり覚えていて、

 誕生日前から話題にする位なのに、・・・なんなんだろう?!


 おめでとうってメールぐらいくれたっていいじゃんよっていう私がおかしいんですか??


・・・・おかしくっても、いいよ。

 だって、私がそうして欲しいと思ったんだし、私が悲しく思ったんだから。

 そして、相手は私と付き合っているんだから。


 もちろん、返事は来ないのだった。


スポンサーサイト
年一つとって気づいたこと。 | Home | そもそもあいつは、生まれる時から痛い思いを・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する