スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出たり、入ったり。

ガッカリするようなことが重なった日の、翌朝。
電車の中で、面白い本を少し読んだら、元気になる。
ちょっと視点を変えるだけで、考え方まで変わるもんだ。

外に向かって、楽しみや幸せ、満足感を求めすぎると、
当然ながら、失望する確率も増える。

外のことが、自分の思い通りになるとしたら、
それは、ただの偶然の連続なのかもしれない。
運の良さを、当然だと思っていると、痛い目にあう。

全ては自分の思うとおりになる?
イメージすれば、現実となる?
ダメだと思うから、ダメになるのか、
努力が足りないのか?
それが当てはまることも、確かにある。
けれども、全てではない。

愛は困難をも乗り越える、なんて、
誰が言ったんだ?
風邪を引くのは、自分が望んだからだ、って、本当?

嘘か、ほんとか。
白か、黒か。
若い時の自分には、グレーがなかった。様々な階調のグレーが好きだったのは、
自分にそれがなかったからかもしれない。

外に夢中になって、自分の内のことをすっかり忘れている時に、
外が崩れてしまったら、中も壊滅。

考え込む。
世の中に嫌気がさす。
内にこもる。
自分の活力が再び貯まってくる。
満たされて、退屈してくると、
再び、外に出て行く。

日常生活を滞りなく、過ごしていても、
容れものの中の自分は、そうして
行ったり来たり。
出たり、入ったり。

それでも、いいじゃない、と思えるようになったことは、
少し、うれしい。
スポンサーサイト
電車が走り出す。はっと、見れば! | Home | お気をつけて、行ってらっしゃい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。