スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪を切る理由

 お気に入りの美容院で、イタリア人美容師にいつもいい加減に切ってもらうのは楽しいけれど、外国人と日本人の好みの違いなのか、よく日本の美容室で私が言われるようなこと

 「重いから軽くしましょう」的なことは言われず、むしろ、ふわっつふわにしてみたり、カーリーにしてみたりというように、髪を自由に遊ばせる傾向がある。

 一般人ではあるが、ありきたり過ぎの無難なスタイルも面白みに欠けるので、そのイタリア人美容師のいい加減が良い加減?的なスタイルはいつも自分は、気に入っている。自分は。

 スタイルは気に入っているが、・・・暑くなってきた。

 セミロングから、ショートの間くらいだったが、うなじが暑くなってきて、タイトにまとめるのも老けて見えて嫌だし・・・と思っていた頃に・・・


 私はむしゃくしゃしてくると、突然カラーをしたくなったり髪を切りたくなったりする。

 あと、なぜか、靴を買いたくなる。


 というわけで、イライラしていた土曜日の昼に突然、美容院に電話して、予約。

 イタリア人のところへ行く時は気分の余裕がある時だが、その突然用美容院へ行く時は、相当疲れきっている。


 で、どうしてとかいう要望も特になく、投げやり。

 とりあえず、短く。梳きばさみ使わないで。マッシュルーム系、ボブ系な感じでと頼んだ出来上がりは、

自分の思った感じとはだいぶ違うのだが、ずいぶんきれいさっぱり、シャープな感じになった・・・・。

 ギャルソンの店員みたいなブローされたのが恥ずかしくて(そういうタイプの真逆だから。ヒッピー系・・・)、男に笑われるんだろうなぁと思った。

 周りの反応は良好。切ったねーとか似合うとか言ってくれたが、男には笑われた。髪型切るたびに笑われる。


 なんで?でもって、褒めてはくれない。

 なんで?


 男と私の趣味は違うけれど、私は自分の好きな服を着て、好きな格好をしていたいと思う。


 そういえば、元旦那も、私が髪切ったりすると、文句ばかりだった。変化が嫌なのだろうか?


 髪を切りながら、担当の美容師さんは、「最近、髪短くする女のお客さん多いんだよね」と言っていたので、ショートカットも昔よりずいぶん選択されるようになったんだなぁ、ファッションの幅もどんどん広がっているよな~なんて思っていたら、

 「みんななんかいろいろあるみたいで」・・・・だって。

 なんだ。そういう理由か。

 私もそれに近いものあるけれど~。

 イメチェンすると、気分軽く明るくなるものね。


スポンサーサイト
つっかれったよー | Home | 見たくて見たくてたまらない

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。