スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31歳の時何してたか

 簡単には思い出せない。

 昨日整骨院の待合室で、クレアをパラパラと見ていた。小説の紹介がされていたが、うーーん、なんだこの偏りは?と思わざるをえないところもあり・・・えーー、これは、、、何で今更・・・うーーん・・・などと思いながら見ていた。

 もう、広告の陰謀・・・っていうか、売るために広告しているわけだから陰謀も何もなくて、ダメなものでもよく見えるように広告できたらそれはそれで、広告の意味をなしている・・・のだから、まぁ期待はしないのだけど、中には、もちろん、いいものも紹介されていたし、読んでみたいと思うものもあった。


 そのひとつに、「ファースト・プライオリティ」っていう本があって、短い紹介文によると、恋愛以外の、その人にとってのナンバーワンが書かれている短編小説のようだった。そういうことって、興味ある。

 その本の名前を検索してみたら、どうやら、31歳の女性が主人公のようだ。いろいろな31歳。


 31歳?そんな特別な年齢?

 自分の31歳はなんら特別でもなかったと思う。思い起こせば、二男を産んだ歳・・・アル中旦那のドライドランクに悩まされていた日々。反対されながらも産もうと思った3人目。苦労するからやめとけと言われたのにね、結局産んだし、後悔もしていない。夫がいなくっても、私が3人育てるわ!って思ったとおり、そうなったわけだけど。


 その本を読むか読まないかはわからない。現実世界にいろんなファースト・プライオリティの形を見てきたことを思い出したから。

 しかし、なんで31歳なんだ。笑。

 私の周りには面白い、素敵な人たちがいっぱいいるが、彼彼女たちは、40前後。

 40前後になってほんと、みんな一生懸命弾けていたり、好きなことも仕事もがんばっていたり、それこそファースト・プライオリティが前面に出てきていて素敵。それがなんであろうと、私はこれが好きなの、興味あるのと思えることがあり、行動に移すことも出来るようになった頃、男とか女とか、若いとか歳とっているとかではなくて、人として輝きだすもんだなぁと思った。輝くのはスターだけじゃない。その人らしさが、輝きだと思った。

 

 31歳なんて!まだまだ。

スポンサーサイト
久しぶり久しぶり | Home | 国際結婚は大変だけど・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。