電車が走り出す。はっと、見れば!

珍しく、通してシートに座ったある朝の電車。
いつもなら、数少ない席が空いていても、
座らない。
その日は、朝から、体に力が入らなくて、
体が勝手に座りたがった。

次は降りる駅。
そう思った瞬間に寝てしまった。
気付いたとき。
走り出した電車の窓の外を見ると、
ん?通り過ぎていくホーム。

あ~!・・・・
あ~ぁ。
・・・次で引き返そう。
そんなことは、もう、滅多にないので、
自分でもびっくり。
一気に目が覚めた。

電車の中で眠っている人。
結構いる。
ほんとにぐっすり眠っている人。
まだ、こういう人っていたんだ。
隣に座る私の肩に、
寄りかかりそうになっては
また戻る、を繰り返す人。

でも、そういう人って、不思議なくらい
高い確率で、
降りるべき駅に到着した時、
はっと目を覚まし、
瞬間的に席を立って、
降りていくんだよね。不思議。

実は、そこは乗りすぎてしまった駅なのかも
しれないけれど。

今時、優先席にどっかり座って、
携帯電話取り出す奴。
さえないスーツにビジネスソックス。
臭いも態度も、
今時じゃぁないくせに、
携帯持つんじゃねぇよ。
そう思っても、
「ここ、携帯ダメって書いてあるでしょ。」
と、言えない・・・。
朝からこれ以上、
(オヤジになんか言われて)
嫌な気分にされたくない、
それが本音かなぁ。。。
「あの~。私、ペースメーカー使ってるんですけど・・・」
って言えばよかったかな!
(もちろん、嘘だけど。)

スポンサーサイト
ニセモノくさい新興住宅地周辺の地名 | Home | 出たり、入ったり。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する