スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁が教えてくれる。

 そうこうして選んだ宿を経営している一家とやりとりする時間を持てたのも、やはり時間の余裕がある旅だったからなのだが、あぁ、縁みたいだな・・・と思ったことがあった。


 出された料理。フレンチのご馳走だったのだが、不思議と食後にもたれないし喉が渇くこともない。寝る前にはすんなり胃が落ち着いている・・・。宿の説明には書かれていないが、宿の方と話していて納得。

 やっぱり、食に気を使っているのだった。家族の話の中に、アレルギーや、民間療法の話が出てくる。その家の娘さんがよその地でお店をやっているそうだが、その店もやはり、フェアトレードとか第三世界と関係があるお店で、一言で言えば、オーガニックコットンのイメージ。

 その宿の家族も、そういうナチュラルな感じが似合う可愛らしい人たちで、息子さんに至っては、世界を相手に戦っているアスリートだった。本当に戦っている人が話す言葉は、やはり重みがあって、外に発する言葉、メッセージは、自分自身に何度も言い聞かせているような感じだった。

 自分に限界を設定せずに生きることって言うのは、ある意味、体がバラバラになろうとも、魂で戦っていく覚悟だと思われる。高校野球選手なんかでも、肉体の限界を恐らく超えているだろう、ほんとうにギリギリな感じでやっているようだが、限界を考えないって言うのは、スピードがどこまでいくか考えずに猛突進していく、つまりは死に真っ向から向かっていく、それぐらいの命がけを感じる。


 スポーツニュースを目にしただけで、途中の感情はぶっとんで、いきなり泣けてくることがある。メディアを通してでも、ダイレクトに伝わってくるのだと思う。物凄い塊が。

 そこまで頑張っている人たちを見て、たいてい、「凄いなー」、とか「自分も頑張ろう」などと思うわけだが、逆の側から、つまりアスリート側からの、「自分の頑張っている姿をみた人が、元気になるといいな」という言葉から、自分はふと気付いた。

 昔から、私は自分の思うままに壁にぶち当たってはなんとか進んできたわけだが、あまりカッコいいこともなく、大それたことをしたわけでもないのに、時折言われたことには

「いつも元気な~さんを見習いたいと思います」とか「会ったら元気出た」などなど。こっちは特に何をした感はないのに、相手は喜んでくれることがあって、それはなるほど、私のぐしゃぐしゃ人生ながらも、なんとかやれてる感じが、ちょっとした気楽さを相手に与えていたのかもしれないし、天然ぼけなだけなのだと思うが、意外と「普通に大問題」を大問題と思わず、笑い飛ばしていたりするから、そういうのが人にはなんとかなるさーという気持ちを起こさせるのかもしれなかったな、と気付いた。

 実際にはどうでもいいようなことをグジグジグジグジずーーーと悩み続けていたりするのが、そういうのは、人からすれば、「はぁ?」って感じのこと。きっと悩みどころが違うんだなと思う。

 たまたまなのだが、私からも、人の心に発芽させたり、渡したり出来る「元気」があって、それは手に掴んだり眺めたり出来ないものだけど、とっても喜ばれるし、喜んでもらえてこっちももっと嬉しくなって、頑張れるもの。

 そういう循環のためにも私は元気でいないとダメだなぁと、久しぶりに思い出した。

 なんだか久しぶりに、ポジティヴ馬鹿になれた。まーた、能天気なこと言ってるわ!って思うようなこと言えたのも久しぶりだった。

 よその地でお店をやっている娘さんというのがこれまた偶然、おそらく私の古い古い友人で、ホメオパシーをやっている人と知り合いのようだった・・・。


 たまたま偶然。偶然が偶然を呼んでそれがいい方向に向いている状態を「フロー」に乗っていると言うってむかーし読んだことがあった。


 東京を出る前も帰った後も変わらない、問題。でも一度離れることで冷静になれる。

 いっときでも取り戻した自分らしい自分。

 東京の日常に戻って、また本来の自分らしい自分は隠れてしまったが、前ばかりでなくたまには後ろを振り返って、今の自分をまじまじと見た。

 呆れるほど、ひどく疲れきっている自分。これは、酷い。

 今の状況、嫌だ。

 嫌だという気持ち、強く持つことで、それを改善しようという気持ちに転化できると、最近心から納得できた。

 変えることって大変。悪い状況でも慣れてしまうと、その状況が心地よくなってくる。それは、馴れのためだけなのだが。

 変えたかったらほんとにほんとに強く思わないと。変えたいって。

 変えたいなぁじゃなくて、もう、今の状況が嫌で嫌で嫌でたまらなくって、変えたいっ変えよう、変える!って気がないと、ダメなんです、私は。


 こうして、意識が久しぶりに変わったのだった。

 

スポンサーサイト
今朝の日記 | Home | 久しぶり久しぶり

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。