スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅のトイレに閉じ込められる恐怖!?

今朝聞いた、友人の話。

彼女のアパートのトイレのドアノブが、数日前からぐらついていたという。
直そうといじったら、更に具合が悪くなったらしい。

朝、トイレに入ろうと、ドアノブを回すと、開かない!
ドアと戸口(壁)?の隙間にフォークを押し込んで、何とか開けた。
それからトイレに入り、さて、出ようとしたら・・・
開かない!!!
しまった、ドアノブを回した時に、また、ロックになってしまったようだ。
どうしよう・・・。
近所の知り合いのお宅は、何処かへ行っているようだし・・・。
ドアを蹴破る?!
助走(笑)距離もないから、せいぜい、中途半端に壊れるのがおち。

あぁ、もう、何とかならないの!?
仕事にも行けないし、電話もかけれないじゃない・・・。
しかも、トイレが東向きなので、暑い。
家のトイレで、こんな緊急事態になろうとは(苦笑)!!

内側からは、ドアと壁の隙間も、細い縁の板で、見えない。
・・・・どうしよ~。もうどうにかならないかと、
ドアノブをガチャガチャ回していると、
ゴトン・・・と、鈍い音が。
どうやら、外側のドアノブが落ちてしまったようだ。
それが、事態を更に悪化させるのか、それとも?
続けて、ガチャガチャやっているうちに、
開いた!!

・・・心底ほっとしたそうです(笑)。当事者にしか分からないね、自宅でトイレに閉じ込められる恐怖なんて(笑)。
スポンサーサイト
テーマ: 本日の出来事 | ジャンル: 小説・文学
代々木の“木造4階建て〝!? | Home | 主張するバナナケーキ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。