コットンが好き

モノクロからカラー映画に変わった前後の映画をやたら観ていた時期に、高峰秀子さんを知った。
その時代の俳優さんは、文字も綺麗だったり、文章も上手だったりすることに感心したのも、同じ時期。

ちょいと疲れたときに、エッセイを選ぶのだが、今読んでいるのは、コレである。

コットンが好き (文春文庫)

新品価格
¥760から
(2013/12/5 12:54時点)



思い出のモノについてのエッセイ。
羨ましいなぁと思うことよりも、大変だったんだろうなぁと想像させることの方が多い。
しかし、自分で考える、自分で選ぶ、本格的に一生懸命やる、そんなまっすぐな姿勢。
読みながら、いろいろな感心をする本である。
スポンサーサイト
テーマ: 本の紹介 | ジャンル: 学問・文化・芸術
読めば読むほど美味しいエッセイ | Home | 食べたいなーって思うのは、果物。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する