スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気ウォッチング」というタイトルと中身がだいぶ違ったけれど

気ウォッチング・わたしたちはみな「情報の滝」に打たれる「システムの森」の行者だ

中古価格
¥392から
(2016/1/23 23:27時点)




「整体カレンダー」という本が、よくある整体の本と違って、文章が面白く、アプローチも独特な感じがしたので、同じ著者の他の本を読みたくなった。いろいろある中で、まず目に留まったのは、この「気ウォッチング」。読んだ後で気付いたのだが、これより後に出版された

整体。共鳴から始まる・気ウォッチング (ちくま文庫)

中古価格
¥99から
(2016/1/23 23:31時点)



こちらの本と、同じ内容かなと思う。

さて、タイトルには「気ウォッチング」とあるが、「共鳴」について書かれた本、と言った方が、ぴったりくる。
自己と、共鳴。
人は、身体があるから、気の世界と日常世界の両方で生きる。
自己が強過ぎても苦しいし、気的、共鳴的過ぎても、消えてしまう。
だから、いったりきたりしているわけだ。
他の人との間合いのこと、体癖による身体的自己の習性、世界との関わり方、共鳴の強い人のことなど、
普段気付かないようなことが色々書かれているので、読んだ後、世界の見方が変わって来る。
この本に、頭のチャンネルを合わせないと読みにくいが、読んで良かったと思える本だった。

整体かれんだー・旬な身体になる (文春文庫)

中古価格
¥146から
(2016/1/23 23:41時点)


スポンサーサイト
「僕とカミンスキー」読みながら目の前に広がる | Home | 読んで良かった「折口信夫 文芸論集」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。