シュウウエムラについての本。「美の巨匠・植村秀のことば」

美の巨匠・植村秀のことば

新品価格
¥1,404から
(2016/6/2 12:34時点)




この前に読んでいた本は、読むのにすごく時間かかったのだが、これは、1時間かからないかも・・・
余白多いし、紙も厚手なのかな。
シュウウエムラさん、おぼっちゃんだったとは知らなかった。
書も上手。銀巴里の舞台にも立ったことあったとか。
あんまり量のない本なのだが、印象に残ったのは、

受け継いだ人は周りに教える、分かち合うことで、輪を広げていく・・・
そうして美意識を高めていくということ。
学んだことを習得できているかどうかは、本人がどう変化したかを見ればわかるということ。
それと、
美は自分も他人も楽しませ、満足感にも生きる喜びにもつながるということ

などなど。

先日、霊長類の本で読んだのと同じく、
分け合うこと、それを学んでいくこと、変わっていくこと、家族でなくても教えていけることなど、やはり人間の基本が書いてあった。

スポンサーサイト
「原色の街・驟雨」を秋雨の日に読みながら。 | Home | 「暴力はどこからきたか」人間の行動を猿から探ってみる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する