ひびの入った水槽のような気分。

時間が足りない。
何とか全てを一日の中に収めようとして、
先回り先回り考えようとする。
目の前にあることをこなしていけばいいのに、
焦って集中できなくなる。
そこへ、色んなことがはいり込んできて、
複雑さは更に増す。
何が何だか分からなくなって来たとき

それは自分がひび割れの入った水槽
のような気分になるとき


ガラスの水槽に入った
たっぷりの水の圧力で、
ひびはあっという間に広がり・・・・

隣のお兄ちゃんが言ってたな。
二階に移ってから、魚を飼うのは止めたって。
知らない間にひびが入った水槽から、
水が漏れ出し、下の部屋にもってしまったら
大変だからって。

地に足も着いてない。
空間から下にまで流れていく水。
迷惑な話。
浮いているなら、せめてガラスの水槽の水は
少なくするか、いっそのこと捨ててしまうか。
スポンサーサイト
テーマ: 散文詩 | ジャンル: 小説・文学
強迫観念か、警鐘か? | Home | そのバランスをとるもの。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する