スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の容量

気になることがあると、ついネットで検索してしまうのだが、
探しもの的なことは意外と使えない。
本当に知りたいことにはなかなかつながらず、
時間がかかりすぎてしまう。
残るのは、目の疲労だけだったりする。

浅い情報はかなりあるから、興味の幅が広すぎると
その情報は、買いすぎた安売り商品のように、
後で困ったこととなる。

まだストックがある文房具。
使う前にかけなくなるペン。
一生かかっても使い切れないかもしれない
カードや便箋、封筒。

どんどん増え続ける読んでもいない本。

既にたくさんある。
それでも、気分の変化と一緒に、欲しいものも変化する
ストックは最小限にとどめておかないと。
欲しくて集めたものが、頭を悩ませる荷物にしかならなくなる。
今あるものも消化できていないのに、
毎日、たくさんの情報にあたる。


人間が車のように速く走れないのと同じく、
1リットルの容器に2リットルの水を入れるのが出来ないのと同じく、
どんなに上手く工夫しても、押し込んでも、最大容量というものがある。
人間にとっても。

そんな当たり前のことを、なぜ忘れてしまうのか。

恐らく、使えるのは今の時間しかないことを忘れて、
過去の時間と未来の時間も手につかめる時間として
計算に入れているからだろう。
思い出というのは、教訓としても、心の支えや宝物としても
大切なのは確かだ。
将来へむけて夢を描くことも、目的意識を持つ上でとても大事。
けれども、実際、何かするのは今。
努力するのも、今。
勿論積み重ねがあってこそ、先に進めるのであるが、
その蓄積を作っていくのは、今。

毎日が更新ということ。
今、自分が死んだらゴミとしかならないもの。
一生かかっても使い切れないもの。
まずそこから、自分の外から、処分していこう。
その上で、自分の中のストックの整理。
本当に大切にしておきたい思い出や、
本当につかみ取りたい夢や目的を厳選する。

身軽でないと動けないもの。

スポンサーサイト
テーマ: エッセイ | ジャンル: 小説・文学
自分は結構しあわせじゃん?と思えるひと時。 | Home | 「してはいけない恋なんてない」だって!?その②

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。